中小企業診断士の広場 一問一答

平成19年度 第1次試験問題

経営情報システム

第19問

 あるソフトウェア開発企業に外注していた新業務システムの承認(検収)テストに,発注者の顧問として立ち会うことになった。この承認(検収)テストについて最も適切なものはどれか。

主要機能から徐々に全機能へとテスト範囲を広げ,ブラックボックステストとしてすべての機能をチェックする。
× 承認(検収)テストの基準となる検査仕様書は自社で作成すべきであり,ソフトウェア開発企業に作成を委託してはならない。
× 前回のシステムテストでも正常動作を確認しているので,前回のシステムテスト後に修正を依頼した個所が正しく動作していれば検収できる。
× 例外処理機能を検査するブラックボックステストでは,適正なデータをテストデータに加えてはならない。

正解を見る

INDEXへ戻る