中小企業診断士の広場 一問一答

平成20年度 第1次試験問題

経営法務

第9問

 中小企業診断士のあなたは,地方都市の野菜の卸会社であるE株式会社を訪問した際に,そこの社長との間で次のような会話を交わした。この会話の中の空欄A〜Dに入るものとして,最も不適切なものを下記の解答群から選べ

社 長:「うちの会社で取り扱っている,この地域の地名○○に野菜の普通名称▽▽を組み合わせてこれを商品名「○○▽▽」とする野菜▽▽は,この地域の特産品ですが,2〜3年前から隣接他県でも知られるところとなり,引き合いも多く,取扱高も増えています。ところが,人気が出てきたせいか,最近この地域以外で生産された野菜▽▽にまで○○の地名を付けて「○○▽▽」の商品名で出荷されてくるようになってきています。この地域の活性化を図る旗振り役を務めている私としては,これ以上他地域で生産された野菜▽▽に,この地域の地名○○を組み合わせた「○○▽▽」の商標が使用されないようにするために,何とかしたいと考えていますが,何か方法はありませんか。ほら,何とかという地域ブランドの登録制度があると聞いていますが。」
あなた:「それは[  A  ]のことではないかと思います。確か平成18年の4月から登録が認められるようになっています。」
社 長:「そうそう,それそれ,それってうちの会社でも出願することができるのですかね。会社でだめならば私個人でも構いませんが…。」
あなた:「いや,この[  A  ][  B  ]ですから,確か株式会社ではだめだと思いますよ。社長個人でもだめだと思います。」
社 長:「それでは一体誰が登録出願をすればよいのですか。」
あなた:「この場合は,この地域の[  C  ]が最適と考えます。」
社 長:「あ,そう,なるほどね。それではこの地域の[  C  ]には私の幼なじみがいるので,早速話をしてみましょう。その他に,この[  A  ]を取得するのに必要なことはありませんか。」
あなた:「そうですね,この野菜▽▽の商品名「○○▽▽」は,隣接他県にも知られているようですが,ただ出願しただけでは足らず,必ず[  D  ]を証明する資料が必要のようです。詳しくは私の友人である弁理士を紹介いたしますので,相談してみてください。」

× A:地域団体商標
× B:団体商標
× C:農業協同組合
D:著名性

正解を見る

INDEXへ戻る