中小企業診断士の広場 一問一答

平成19年度 第1次試験問題

経済学・経済政策

第1問

 下図は,日本の実質GDP成長率とGDPデフレータの長期統計を表したものである。この図の説明として最も適切なものはどれか。

× 1950年代後半以降,日本経済は高度成長期に入るが,1960年代後半は「神武景気」と呼ばれる長期の景気拡大が見られた。
1970年代前半,第1次石油ショックの影響を受けて,物価の上昇と景気後退の併存現象が見られ,日本経済は「スタグフレーション」に見舞われた。
× 1980年代には,ブレトンウッズ体制崩壊の影響を受けて為替レート制の変更が生じ,日本経済は低成長時代に入った。
× 2000年代に入ると,日本経済がデフレ傾向にあることが読み取れ,名目GDP成長率が実質GDP成長率を上回る現象が見られた。

正解を見る

INDEXへ戻る