中小企業診断士の広場 一問一答

平成19年度 第1次試験問題

中小企業経営・中小企業政策

第19問

 中小企業診断士S氏は,顧問先の金型メーカーT社の社長から,「同業のX社,加工メーカーY社,Z社と連携して,高性能な自動車部品を開発・製造予定であるが,この件に関してX社の社長から有限責任事業組合(LLP)の設立を打診されている。LLPについて簡単に説明して欲しい。」との相談を受けた。
 以下は,S氏とT社社長の会話である。
S氏:「LLPは,株式会社と同じく,責任は有限です。」
T社社長:「では,株式会社と同じように,LLPも法人格を持つのですね。」
S氏:「[  A  ]
T社社長:「課税方法はどのようになっているのですか。」
S氏:「[  B  ]
 会話の中の空欄AとBに入る最も適切なものの組み合わせはどれか。

× A:はい,法人格を持ちます。
B:LLPに課税されます。
× A:はい,法人格を持ちます。
B:出資者が得る利益に直接課税されます。
× A:いいえ,法人格は持ちません。
B:LLPに課税されます。
A:いいえ,法人格は持ちません。
B:出資者が得る利益に直接課税されます。

正解を見る

INDEXへ戻る