中小企業診断士の広場 一問一答

平成21年度 第1次試験問題

経済学・経済政策

第2問

 下図は,世界の輸出市場に参加する労働力人口を表したものである。この図によれば,新興工業国の経済発展とともに,世界の輸出に関わる労働力人口は,25年間で約4倍の伸びを示している。しかし,このうち,日本への輸出に関わる労働力人口の増加は約2倍の伸びにとどまっている。このため,少子化が加速する日本国内では,グローバル化の効果を活用していないことが指摘される。
 下図と関連して,次の文章中の空欄AおよびBに入る最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
 少子化が加速し,労働が相対的に希少な日本では,グローバル化の効果として[  A  ]が生じ,それに伴い,国内においては[  B  ]圧力が掛かると考えられる。

× A:労働集約財の輸出拡大    B:賃金の引き上げ
× A:労働集約財の輸出拡大    B:賃金の引き下げ
× A:労働集約財の輸入拡大    B:賃金の引き上げ
A:労働集約財の輸入拡大    B:賃金の引き下げ

正解を見る

INDEXへ戻る