中小企業診断士の広場 一問一答

平成19年度 第1次試験問題

中小企業経営・中小企業政策

第30問

 次の文章の空欄AとBに入る最も適切な語句の組み合わせを下記の解答群から選べ。

 中小企業診断士のX氏は,個人で食品小売業を営むY氏から,「廃業に備え,生活の安定を図るための資金をあらかじめ準備しておきたい。」との相談を受けた。
 そこで,X氏は,[  A  ]を紹介することとした。以下は,X氏とY氏の会話である。
Y氏:「掛金はいくらになるのでしょうか。」
X氏:「掛金は月額[  B  ]の範囲内で自由に決めることができます。」

A:小規模企業共済制度    B:1,000円から70,000円
× A:小規模企業共済制度    B:5,000円から50,000円
× A:中小企業退職金共済制度  B:1,000円から70,000円
× A:中小企業退職金共済制度  B:5,000円から50,000円

正解を見る

INDEXへ戻る