中小企業診断士の広場 一問一答

平成19年度 第1次試験問題

経営情報システム

第11問

 信頼性の高いコンピュータシステムの構成に関する次のa〜dの記述と,その記述を表す用語の組み合わせとして,最も適切なものを下記の解答群から選べ。

a 同じ処理を行うコンピュータシステムを二重に用意する形態。一定時間ごとに処理結果を照合して処理の正しさの確認を行い,どちらかのコンピュータシステムに障害が発生しても,一方のシステムで処理を続行でき高い信頼性が得られる。
b コンピュータシステムの負荷を分散させる目的で複数のCPUやコンピュータを接続し,各CPUやコンピュータで分担して処理を行うコンピュータシステムの総称である。
c 業務処理を通常行うコンピュータシステムでオンライン処理を行っている間,別の処理を行わせながら待機させる別システムを用意する形態。通常使用しているシステムに障害が発生した場合は,待機システムに切り替えてオンライン処理を続行する。
d 独立して動作する複数のコンピュータを相互に接続し,全体として信頼性の高いコンピュータシステムを構築する形態。コンピュータの一部が障害を起こしても他のコンピュータに処理を肩代わりさせ,システム全体の停止を防止する。

a:デュアルシステム  b:ロードシェアシステム
c:コールドスタンバイ  d:クラスタリング
× a:デュプレックスシステム  b:タンデムシステム
c:ホットスタンバイ  d:マルチプロセッシングシステム
× a:ホットスタンバイ  b:クラスタリング
c:ミラーリング   d:ロードシェアシステム
× a:マルチプロセッシングシステム  b:フォールトトレラントシステム
c:タンデムシステム  d:デュアルシステム

正解を見る

INDEXへ戻る