中小企業診断士の広場 一問一答

平成21年度 第1次試験問題

財務・会計

第16問

 C社では,工場拡張投資を計画中である。この投資案の初期投資額は,4,000万円である。計画では,この投資により今後毎年売上高が2,400万円増加し,現金支出費用が1,200万円増加する。この投資物件の耐用年数は5年であり,残存価額はゼロである。減価償却法として定額法を用いており,実効税率は50%であるとする。なお,運転資金の額は変化しないものとする。
 資本コストが10%であるとき,この投資案の正味現在価値として,最も適切なものを下記の解答群から選べ(単位:万円)。なお,現価係数は下表のとおりである。

× 548
−210
× −280
× −900

正解を見る

INDEXへ戻る