中小企業診断士の広場 一問一答

平成21年度 第1次試験問題

経営法務

第10問

 A株式会社とB株式会社は,それぞれが有する専門技術を生かして新規のシステムを共同開発することを模索し,まずは秘密保持契約を締結して相互に技術情報を相手方に開示しようと合意した。この秘密保持契約に関する記述として最も適切なものはどれか。

× 秘密保持契約において相互に開示したデータや情報について,契約終了後,開示した当事者の請求に基づいてそれらを破棄または返却するなどの条項を設けなくとも,開示した当事者は受領した当事者に対し,所有権に基づきデータ・情報の破棄又は消去を請求できる。
秘密保持契約は,共同開発が本格化した場合に締結される共同開発契約等の本契約とは別個に締結されるものであるから,本契約とは別途,秘密保持の対象となるべき情報が授受される期間や当該情報の秘密を保持すべき期間などの条項を定めることができる。
× 秘密保持契約は,秘密を保持すべき義務を課すものであるが,故意又は過失により秘密を開示されたことによって生ずる損害が明確に立証できないためにいわゆる紳士協定であるともいわれ,相手方が万一契約違反をした場合であっても,他の法令に違反しない限りは相手方に対し何ら権利を主張できない。
× 平成17年(2005年)に改正された新不正競争防止法により,共同開発を目的として開示された情報について,情報を受領した当事者に対し5年間秘密保持義務が課されたので,あえて秘密保持契約を締結する必要はない。

正解を見る

INDEXへ戻る