中小企業診断士の広場 一問一答

平成21年度 第1次試験問題

経済学・経済政策

第11問

 下表は,2国(日本とアメリカ)・2財(X財とY財)モデルを前提として,各国におけるX財とY財の生産費用をそれぞれの通貨で表示したものである。いま,完全競争と自由貿易を仮定し,価格=費用が成立すると考える。現在,日本では,X財1単位が500円,Y財1単位が1,000円で生産され,アメリカでは,X財1単位が10ドル,Y財1単位が5ドルで生産されている。
 このとき,下表から得られる説明として,最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a アメリカはX財,日本はY財にそれぞれ比較優位を持つ。
b 為替レートが1ドル=50円から1ドル=200円の範囲内に決まれば,比較優位に基づく貿易が可能となる。
c 為替レートが1ドル=250円の場合,日本はX財とY財をともに輸入することになる。
d 日本のX財とY財の価格がともに2倍になれば,比較優位に基づく貿易を可能とする為替レートは1ドル=100円から1ドル=400円の範囲内に決まる必要がある。

× aとb
× aとc
× bとc
bとd

正解を見る

INDEXへ戻る