中小企業診断士の広場 一問一答

平成18年度 第1次試験問題

企業経営理論

第4問

 生産が拡大し組織が大きくなると,一般に規模の経済が得られるが,そのことによって生じる現象はさまざまである。規模の経済をめぐる現象の説明として,最も不適切なものはどれか

× 会社の組織規模が大きくなるにつれて,規則や手続きを設けて組織の管理の複雑性を小さくすることが試みられることが多い。
× 規模が拡大するにつれて,生産現場で働く従業員の数が増大し,これまで生産に携わっていた従業員のコミットメントや従業員への人間的配慮が弱くなる傾向がみられる。
規模の経済が実現されると,その後の規模の拡大は生産の非効率を招くので,新規の設備投資は見送らなければならない。
× 最適生産規模を超えると,一般的に現有生産技術の生産性が低下し生産コストが上昇する。
× 単一大規模設備に異なる技術を混在させると効率が低下することがあるので,新規技術は規模の経済を阻害することのない制御可能なものに限定されがちである。

正解を見る

INDEXへ戻る