中小企業診断士の広場 一問一答

平成21年度 第1次試験問題

経済学・経済政策

第9問

 次の消費決定に関する文章中の空欄AおよびBに当てはまる最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

 恒常所得仮説では,[  A  ]は消費の拡大に影響を与えないと考える。また,ライフサイクル仮説では生涯所得の増加が消費の拡大に寄与するとされる。さらに,消費習慣仮説では,現在の消費は過去に到達した生活水準に依存すると考え,所得が落ち込んだとしても消費は即座に減少しない。これを[  B  ]効果と呼ぶ。

A:1回限りの減税の実施    B:ラチェット
× A:月給の増加    B:スルツキー
× A:恒久減税の実施    B:デモンストレーション
× A:宝くじの賞金獲得    B:ヴェブレン

正解を見る

INDEXへ戻る