中小企業診断士の広場 一問一答

平成20年度 第1次試験問題

中小企業経営・中小企業政策

第11問

 次の文章の空欄A〜Cに入る最も適切な語句の組み合わせを下記の解答群から選べ。

 東京商工リサーチ「全国企業倒産白書」によれば,2006年の企業倒産件数は13,245件で,うち資本金1億円未満の企業が13,011件である。業種別に倒産件数・負債金額の内訳を見ると,倒産件数では[  A  ]が最も多く,負債金額では[  B  ]が最も多くなっている。要因別倒産件数構成比を見ると,[  C  ]を要因とする倒産の割合が最も多くなっている。

A:建設業    B:サービス業    C:販売不振
× A:建設業    B:不動産業     C:放漫経営
× A:サービス業  B:建設業      C:販売不振
× A:サービス業  B:商 業      C:放漫経営
× A:不動産業   B:サービス業    C:販売不振

正解を見る

INDEXへ戻る