中小企業診断士の広場 一問一答

平成18年度 第1次試験問題

経済学・経済政策

第8問

 下図は,為替レート(円/ドルレート)と経常収支(経常収支/名目GDP)との関係を示したものである。この図に基づき,次の文中の空欄A〜Cに入る最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。


 通常,為替レートが円高の方向に変化すれば経常収支は悪化し,反対に,円安の方向に動けば経常収支は改善する。上図から,為替レートの変動に応じて,若干の時間的ズレの後,経常収支が調整されることが見てとれる。
 しかし,短期的には,円高(円安)は経常収支を改善(悪化)させることがわかる。これは,[  A  ]条件が成立せず,[  B  ]の和が1より小さいことによる。このとき,[  C  ]効果が発生する。

A:マーシャル=ラーナー
B:輸出供給の価格弾力性と輸入需要の価格弾力性  C:Jカーブ
× A:マーシャル=ラーナー
B:輸出供給の価格弾力性と輸入需要の価格弾力性  C:オファーカーブ
× A:マーシャル=ラーナー
B:輸出供給の所得弾力性と輸入需要の所得弾力性  C:Jカーブ
× A:マンデル=フレミング
B:輸出供給の価格弾力性と輸入需要の価格弾力性  C:Jカーブ
× A:マンデル=フレミング
B:輸出供給の所得弾力性と輸入需要の所得弾力性  C:オファーカーブ

正解を見る

INDEXへ戻る