中小企業診断士の広場 一問一答

平成19年度 第1次試験問題

中小企業経営・中小企業政策

第18問

 新連携支援事業は,他の事業者と連携し,優れた経営資源を有効に組み合わせることで,新しい製品・サービスを創出しようとする中小企業の取り組みを認定し,支援を行うものである。
 新連携支援事業における「連携体の条件」として最も適切なものはどれか。

2社以上の異分野の中小企業が参加することが条件となる。
× 中核となる中小企業,大企業のいずれかが存在することが条件となる。
× メンバーにNPO法人等の非営利法人を含んでいないことが条件となる。
× メンバーが同一都道府県もしくは同一地域ブロックに存在することが条件となる。

正解を見る

INDEXへ戻る