中小企業診断士の広場 一問一答

平成18年度 第1次試験問題

企業経営理論

第13問

 営業部門や製造部門,あるいは研究開発部門などの間で,しばしば部門間コンフリクトが発生することがある。このような場合,コンフリクトへの対応として最も適切なものはどれか。

× コンフリクトを起こしているそれぞれの部門内に独自にトレーニング・グループをつくり,組織開発の手法をとり入れた訓練を行う。
× コンフリクトを起こしている部門間に共通の目標を共有させ,情報を共有させるとともに,各部門の専門性を損なわないよう独立した評価システムを導入する。
× コンフリクトを起こしている部門に対して,インターネットなどのITを導入して情報を共有させ,直接に共同の意思決定をする機会そのものを減らす。
× コンフリクトを起こしている両部門を1つの部門に統合することを通じて,相互依存を認識しなくては意思決定できないようにし,予算や人件費を削減する。
部門間人事異動を定期的もしくは不定期に行うことを通じ,それぞれの部門の目標や課題を理解できる人材を増やし,コミュニケーションを活発にするような横断的関係を設ける。

正解を見る

INDEXへ戻る