中小企業診断士の広場 一問一答

平成20年度 第1次試験問題

経済学・経済政策

第9問

 下図は,開放経済下におけるマクロ経済モデルを描いたものである。この図に関する次の文章中の空欄A〜Cに入る最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

 いま,小国モデル,完全資本移動,固定為替レート制,物価の硬直性,静学的な為替レート予想を仮定する。下図は,これらの前提に基づき,生産物市場の均衡を表すIS曲線,貨幣市場の均衡を表すLM曲線,自国利子率()と外国利子率()が均等化することを表すBP曲線を描いたものである。
 ここで政府支出が増加すると,IS曲線が右方にシフトし,新たなIS曲線とLM曲線の交点において[  A  ]になる。このため,[  B  ]が生じる。結果として,[  C  ]になる。

× A:国際収支(経常収支と資本収支の合計)が赤字
B:外貨準備の減少と貨幣供給の減少
C:LM曲線が左方にシフトして国際収支の均衡が回復するが,財政政策は景気拡大に無効
A:国際収支(経常収支と資本収支の合計)が黒字
B:外貨準備の増加と貨幣供給の増加
C:LM曲線が右方にシフトして国際収支の均衡が回復し,財政政策は景気拡大に有効
× A:国際収支(経常収支と資本収支の合計)が黒字
B:円高
C:LM曲線が左方にシフトして国際収支の均衡が回復するが,財政政策は景気拡大に無効
× A:経常収支が黒字
B:外貨準備の増加と貨幣供給の増加
C:LM曲線が右方にシフトして経常収支の均衡が回復し,財政政策は景気拡大に有効
× A:資本収支が赤字
B:円安
C:LM曲線が右方にシフトして資本収支の均衡が回復し,財政政策は景気拡大に有効

正解を見る

INDEXへ戻る