中小企業診断士の広場 一問一答

平成18年度 第1次試験問題

中小企業経営・中小企業政策

第29問

 「中小企業倒産防止共済制度」に関する記述の正誤について,最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 対象は,1年以上継続して事業を行っている中小企業者である。
b 毎年の掛金は,必要経費または損金に算入できる。
c 取引先企業が倒産した場合,掛金の納付月数・総額に応じ共済金が支給される。

a:正  b:正  c:誤
× a:正  b:誤  c:誤
× a:誤  b:正  c:正
× a:誤  b:誤  c:正

正解を見る

INDEXへ戻る