中小企業診断士の広場 一問一答

平成20年度 第1次試験問題

運営管理(オペレーション・マネジメント)

第5問

 標準時間設定の手法に関する記述として,最も適切なものはどれか。

× PTS法は,分析が容易な方法で,繰り返しの少ない作業に適した手法である。
× 実績資料法は,作業時間のデータを分類・整理して図表や式等にまとめたものを用いて標準時間を設定する方法で,同じ要素作業が含まれる作業に適した手法である。
ストップウォッチ法は,実際の作業を直接測定する方法で,繰り返しの多い作業に適した手法である。
× 標準時間資料法は,過去のデータを基礎として標準時間を設定する方法で,繰り返しの少ない作業に適した手法である。

正解を見る

INDEXへ戻る