中小企業診断士の広場 一問一答

平成19年度 第1次試験問題

中小企業経営・中小企業政策

第17問

 近年,地域産業の活性化や地域おこしの観点から,地域ブランドに対する期待が高まっている。地域ブランドを適切に保護することにより,産業競争力の強化と地域経済の活性化を支援するため,平成18年の商標法改正によって,地域団体商標の登録が認められるようになった。
 地域団体商標に関する記述として,最も不適切なものはどれか

× 図形等が入った商標は,地域団体商標として登録を受けることができない。
全国的な知名度を獲得し,特定の事業者の商品であることを識別できることが,商標登録の条件となる。
× 地域団体商標の出願前から,不正競争の目的なく同一の商標を使用している第三者は,当該商標を継続して使用することができる。
× 登録を受けることができるのは,事業協同組合等の特別の法律により設立され,加入の自由が法的に担保されている法人である。

正解を見る

INDEXへ戻る