中小企業診断士の広場 一問一答

平成21年度 第1次試験問題

経営法務

第5問

 中小企業診断士であるあなたは,顧客であるA株式会社(以下「A社」という。)の代表取締役X氏と話をしていた際,以下のアドバイスを行った。そのアドバイスに対応するX氏の話の内容として,最も適切なものを下記の解答群から選べ。なお,A社は,取締役会設置会社であり,株主は30名である。

【あなたのアドバイス】
 「これから作成しようとしている契約書の内容は,会社法に定める自己取引(利益相反取引)に該当しますから,取締役会の承認が必要だと思いますよ。」

× 会社のトラックを1台買い替えることになって,中古車でかなり状態がいいのが見つかったんだけど,20万円だけ予算をオーバーしててね。それで,私が会社に,無利息・無担保で,返済は資金繰りに余裕ができたときという内容で20万円を貸すことになって,今,その契約書を作っているんだ。
会社本社の土地は,私名義の土地で会社に貸していたんだけど,借地料は何十年も据え置きにしていたんだ。でも,その間に,固定資産税額が上がって,借地料だけでは足りなくなったんだ。だから,今回,借地料を固定資産税額の3倍の金額にすることになって,新しい契約書を作っているんだよ。
× 当社支店の土地は,地主から借りていて,その土地に会社で建物を建てて使っていたんだけど,先日,地主からその土地を買ってくれないかと言われたんだ。ただ,会社の資金繰りだと難しいので,私個人でお金を出して私名義で買うということになったから,今,売買契約書を作ってもらっているんだ。
× 私が代表取締役を兼務しているB社は,A社の100パーセント子会社で,C社から機械をリースしていたんだけど,今度,C社から承諾をもらって,A社でB社からリースを受けることにしたんだ。今,A社とB社の契約書を作っているんだけど,リース料やリース期間なども含め,B社とC社のリース契約と全く同じ内容にすることになったんだ。

正解を見る

INDEXへ戻る