中小企業診断士の広場 一問一答

平成20年度 第1次試験問題

企業経営理論

第14問

 ある工場で次のような問題が発生した。
 「ある日の朝10時ごろに,従業員Kが機械で左手の指を2本けがした。Kは直ちに医務室に行って手当てを受け,10時30分には,指に包帯を巻いて持ち場に戻り仕事を再開した。しかし,この間にKのけがに関するうわさが工場全体に広がっていた。そのうわさによれば,Kの所属部署から遠く離れた部署に行けば行くほど,Kのけがは大げさになっており,最もひどいところでは,Kは左手を失って入院したという話になっていた。従業員のモラールは著しく低下し始めた。」
 このような状況において,工場管理者がとるべき対応として,最も適切なものはどれか。

× うわさが自然におさまるまで,あえて何もしない。
うわさには触れず,直ちに工場内放送を通じて,事実関係について発表する。
× このうわさがなぜ発生したのかを調査し,後日,社内報で従業員に結果を報告する。
× 直ちに従業員を調査し,うわさを広げた張本人を探し出すとともに,厳しい処分をくだす。
× 直ちに役員会を開催して対策を検討し,記者会見を開いて,うわさが事実と異なるということを主張する。

正解を見る

INDEXへ戻る