中小企業診断士の広場 一問一答

平成21年度 第1次試験問題

経済学・経済政策

第10問

 次の輸入関税と生産補助金の効果に関する文章を読んで,経済厚生分析の説明として,最も不適切なものを下記の解答群から選べ

 下図は,輸入競争財市場(たとえば農産物)を描いたものである。いま,当該財の国内需要曲線がDDで,国内供給曲線がで描かれている。ここで,自国は「小国」であり,当該財の国際価格をとする。自由貿易下での消費量は,生産量はであり,輸入量は()に等しい。
 ここで,当該財の輸入に の関税を賦課した場合,国内価格は(=)に上昇する。この結果,消費量はに減少し,生産量はに増加する。他方,生産補助金を交付することで輸入関税の場合と同じ生産量を実現することも可能である。このとき,生産補助金の交付により,国内供給曲線はからに平行移動する。

× 生産者に対する補助金交付額は,四角形HISに相当する。
生産補助金交付時の経済余剰の損失は,三角形EFGになる。
× 生産補助金交付時の生産者余剰は,三角形ISに当たる。
× 輸入関税下における経済余剰の損失は,三角形EFGと三角形HIJの和になる。

正解を見る

INDEXへ戻る