中小企業診断士の広場 一問一答

平成18年度 第1次試験問題

経営情報システム

第19問

 クライアントであるA社のパソコン導入に際して,現在および将来の利用業務,ネットワーク化,ハードウェアとソフトウェアの選定,総経費の見積もりなど考慮すべきことを,中小企業診断士として助言した。ただし,今回については,自社独自のアプリケーション開発は行わないこととした。次の記述のうち最も適切なものはどれか。

× TCO(Total Cost of Ownership)の観点から,総経費を見積もることにした場合,総経費は,ハードウェアとソフトウェアの購入費用とネットワークの接続のための初期設定費用の和となる。
× サーバ機能をもつパソコンがないとインターネットに接続できないので,インターネットに接続する場合には,サーバパソコンとクライアントパソコンの最低2台が必要となる。
ソフトウェアのプレインストールされたパソコンの場合,インストールされているアプリケーションで現行業務および将来業務に対応できるかを検討し,不十分ならば追加アプリケーションの購入,インストールが必要になる。
× ソフトウェアのプレインストールされていないパソコンの場合,(1)ハードディスクの初期化,(2)周辺機器のドライバインストール,(3)業務アプリケーションのインストール,(4)OSのインストール,(5)日本語変換システム等の設定,(6)動作確認,の順序で運用のシステム環境を整える。

正解を見る

INDEXへ戻る