中小企業診断士の広場 一問一答

平成19年度 第1次試験問題

企業経営理論

第36問

 ある製品カテゴリーにおいて,市場開拓に最初に成功したブランドは競争優位を確保することができる。これに関して,最も不適切なものはどれか

× このブランドから他へブランドスイッチすると,すでに購入した関連商品を改めて買い直すこともある。
× このブランドでその製品カテゴリーを初めて知った場合には,そのブランドの属性が製品選択の基準を形成しやすい。
× このブランドの使用体験や消費体験によって,そのブランドへのロイヤルティが形成されやすい。
このブランドの持つ属性と類似の属性を持つ他社製品に接すると,その他社製品は改良された優良なものであると知覚されやすい。
× このブランドは消費者に長期間露出されることになるので,想起集合に入りやすい。

正解を見る

INDEXへ戻る