中小企業診断士の広場 一問一答

平成21年度 第1次試験問題

中小企業経営・中小企業政策

第26問

 「流動資産担保保証制度」は,売掛金債権,割賦販売代金債権などを担保として金融機関が融資を行う際,信用保証協会が債務保証を行う制度であり,不動産担保に依存しない中小企業の資金調達の途を開くものである。
 この制度に関する記述として,最も適切なものはどれか

× 棚卸資産は担保にならない。また,法人代表者以外の保証人は徴求しない。
× 棚卸資産は担保にならない。また,法人代表者の保証は不要である。
棚卸資産も担保になる。また,法人代表者以外の保証人は徴求しない。
× 棚卸資産も担保になる。また,法人代表者の保証は不要である。

正解を見る

INDEXへ戻る