中小企業診断士の広場 一問一答

平成19年度 第1次試験問題

経営法務

第12問

 A社は,平成18年6月にA社の従業員Bが職務上創作した動物キャラクター「ぽかぽかうさぎ」について,これを商品化し,名称「ぽかぽかうさぎ」を付したキャラクター商品として平成19年度秋頃から日本国内で販売することを企画している。
 最も適切なものはどれか。

× A社が,動物キャラクター「ぽかぽかうさぎ」に関する権利について著作権法に基づき保護を受けるためには,Bから権利の譲渡を受け,「ぽかぽかうさぎ」に関する権利の譲渡を受けたことについて文化庁に「著作権の移転等の登録」の手続をしなければならない。
× A社は,動物キャラクター「ぽかぽかうさぎ」について,第三者C社にキャラクター商品の製造および販売の委託をする際には,C社に対して独占的に動物キャラクター「ぽかぽかうさぎ」に関する著作権の使用許諾をしなければならない。
× 第三者Dが指定商品を「おもちゃ,人形」とし,「ぽかぽかうさぎ」との文字から構成される登録商標を有する場合でも,A社が動物キャラクター「ぽかぽかうさぎ」を立体化して作成したぬいぐるみのタグに「ぽかぽかうさぎ」というキャラクター名称を小さく表示するのであれば,Dの商標権を侵害しない。
動物キャラクター「ぽかぽかうさぎ」と外観の類似したキャラクターが,世間に名の知られていない,海外において出版された絵本の中に第三者Eにより描かれている事実が判明した場合にも,動物キャラクター「ぽかぽかうさぎ」創作時にBを含めたA社の従業員がこのような事実を全く知らなかったときは,キャラクター商品の販売を中止しなくともよい。

正解を見る

INDEXへ戻る