中小企業診断士の広場 一問一答

平成20年度 第1次試験問題

財務・会計

第25問

 初期投資額400万円を必要とする投資案(経済命数2年)の第1年度のキャッシュ・フローの現在価値が200万円となる確率が0.5,300万円となる確率が0.5と予測されている。
 第1年度に200万円のキャッシュ・フローの現在価値が生じた場合に,第2年度のキャッシュ・フローの現在価値が300万円となる確率が0.5,400万円となる確率が0.5と予想されている。
 また,第1年度に300万円のキャッシュ・フローの現在価値が生じた場合に,第2年度のキャッシュ・フローの現在価値が300万円となる確率が0.5,400万円となる確率が0.5と予測されている。
 この投資案についての記述として最も適切なものはどれか。

× 正味現在価値が100万円となる確率は0.5である。
× 正味現在価値が300万円となる確率は0.5である。
正味現在価値の期待値は200万円である。
× 正味現在価値の期待値は300万円である。

正解を見る

INDEXへ戻る