中小企業診断士の広場 一問一答

平成19年度 第1次試験問題

経営情報システム

第14問

 社内LANをインターネットに接続する際のセキュリティルータの設定に関する記述として,最も適切なものはどれか。

× DHCPを稼働させれば,LAN側のパソコンに自動的にIPアドレスが配布されるので,ARP(Address Resolution Protocol)データグラムは流れない。
× ISP(Internet Service Provider)によって割り当てられたIPアドレスを発信元とするパケットをインターネットから受信した場合には,LAN側に転送するように設定した。
× インターネット側からLAN側へのIPポートをすべて開けておかないと,社内からインターネット上のウェブサイトなどにアクセスできなくなる。
セキュリティルータのLAN側IPアドレスとして,ISP(Internet Service Provider)によって割り当てられたIPアドレスと異なるアドレスを設定した。

正解を見る

INDEXへ戻る