中小企業診断士の広場 一問一答

平成19年度 第1次試験問題

財務・会計

第6問

 株主資本の前期末残高は次のとおりである。利益剰余金の配当以前に当期における株主資本の変動はなく,決議された配当の総額200百万円は適切であるとする。このとき,利益準備金と繰越利益剰余金の増加または減少の金額として,会社法および会社計算規則に照らして最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ(単位:百万円)。

× 利益準備金:18の減少
繰越利益剰余金:182の減少
利益準備金:20の増加
繰越利益剰余金:220の減少
× 利益準備金:22の増加
繰越利益剰余金:222の減少
× 利益準備金:80の増加
繰越利益剰余金:280の減少

正解を見る

INDEXへ戻る