中小企業診断士の広場 一問一答

平成18年度 第1次試験問題

経営情報システム

第12問

 物品管理に利用されるコードは,従来のバーコード(JIS―X―0501〜0504)だけでなく2次元コード(JIS―X―0510)が普及しつつある。これらのコードの特徴として,最も不適切なものはどれか

× 2次元コードでは,従来のバーコードと同じ情報量は10分の1程度の面積で表現することもできる。
× 2次元コードの読み取りにおいては,誤り訂正機能により,コードの一部に汚れや破損があってもデータの復元可能な場合がある。
2次元コードは,印字する面積に応じて情報量を変化させることができるので,扱えるデータ量の上限は規定されていない。
× 従来のバーコードでは漢字・カナを取り扱うことができない。

正解を見る

INDEXへ戻る