中小企業診断士の広場 一問一答

平成18年度 第1次試験問題

経営法務

第1問

 依頼者A氏から,小規模な会社を設立して新しい事業を行いたいが,会社法ができたことで会社の設立手続に変更があったのかどうか詳しく教えて欲しいとの依頼を受けた。
 あなたのアドバイスとして最も適切なものはどれか。

× 株式会社設立の登記を行う際に,出資の履行が行われたことを示す書面を添付しなければなりませんが,発起設立・募集設立いずれの場合も,当該書面は,銀行預金の残高証明だけで足りることになりました。
現物出資に検査役の調査が不要となる範囲が拡大されましたので,現物出資財産について定款に記載された価額の総額が500万円以下であれば,検査役の調査は不要です。
× 取締役会が設置されない小規模な株式会社の場合は,設立手続も規模に応じて簡素な形式になりましたので,発起人が作成した定款に公証人の認証を受ける必要はありません。
× 有限会社を設立することは原則できないこととなりましたが,特例として資本金の額が10万円以下であれば,設立する会社を有限会社とすることもできます。

正解を見る

INDEXへ戻る