中小企業診断士の広場 一問一答

平成18年度 第1次試験問題

運営管理(オペレーション・マネジメント)

第34問

 POSデータを活用した分析手法の説明として,最も不適切なものはどれか

購買金額,購入頻度,性別を用いて顧客を層別化する手法を
RFM分析と呼ぶ。
× 商品アイテムごとの販売動向を把握することにより,販売予測を行うことができる。
× 販促効果分析を行うために,POSレジで読み取り可能なクーポン券を発行することがある。
× レシートデータをもとに同時購買確率の高い商品群を調べる手法をバスケット分析と呼ぶ。

正解を見る

INDEXへ戻る