中小企業診断士の広場 一問一答

平成20年度 第1次試験問題

経済学・経済政策

第19問

 ある会社の製品に対する消費者行動に関して,以下のような統計データが得られた。ここで,は自社製品への需要,ADは自社製品に対する広告額,は自社製品の価格,は競合他社製品の価格,は経済全体の賃金上昇率とする。それぞれの変数のパラメーターはすべて統計的に有意であるとする。
  =−12+0.4AD−4.2+3.4−3.2
 この統計データの説明として,最も不適切なものはどれか

× 競合他社製品の価格の上昇は,自社製品の需要に好影響を与える。
× 広告は需要に好影響を与える。
× 自社製品の価格の上昇は,需要に悪影響を与える。
所得が高まれば需要が増える。

正解を見る

INDEXへ戻る