経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

勤務先での資格の活かし方

がんばる企業内診断士

中小企業診断士としての矜持を胸に 島津公美さん

取材・文:勝亦 健雄(中小企業診断士)村田 朗(中小企業診断士)

【第2回】企業外活動の実際

取材日:2016年2月2日

大手ゲームメーカーの人事部門に勤務されている島津公美さん。勤務先での通常業務のほか、中小企業診断士としての執筆活動や商店街支援に携わるなど、社外でも積極的に活動されています。今回は、現在取り組まれている商店街支援や執筆活動についてお話しいただきました。

個店の集積の中に感じる組織としての魅力

―続いて、企業外での活動についてお聞かせください。


2015年7月から商店街の支援をさせていただいています。これは、東京都中小企業診断士協会の「商店街支援事業」として公募されていたもので、その事業に応募したところ、運良く担当させていただくことになりました。そこで、都内の商店街のお手伝いをしています。それ以前にも、先輩診断士が支援していた別の商店街の調査とイベントのお手伝いをさせていただいたこともあります。

―応募する際の要件はありますか。

東京都中小企業診断士協会の会員であることはもちろんですが、あとは会費を滞納していないことですね。私のように実務経験が多くはなくても、応募しやすい案件だと思います。

―元々、商店街支援には興味があったのですか。

興味はありました。商店街を構成する単位は個店ですが、商店街が潤わなければ個店も潤わない。ですから、個店でありながら、協働して地域を良くしなければいけないという側面があります。地域の活動はボランティアのようなことが多く、大変ですが、それを皆でやることに意味があると思っています。私はいま、横浜に住んでいますが、現在の住まいに引っ越してきて2年目に町会の理事の担当になりました。そのときも、地域の組織運営をきちんとしていくことは大事だと実感しました。

―支援の具体的な内容を教えていただけますか。

補助金を申請して、商店街の活性化事業に応募しようとしています。また、支援事業を獲得するにあたって調査がありますが、その調査にも携わらせていただきました。
あとは、すでに計画されていたイベントなどを運営スタッフとしてお手伝いをしたり、月に1回の理事会に出席して状況を把握したりしています。結構な密度で一緒に活動しており、イベントや打ち合わせを含めると多いときは月に4、5回にもなりますが、支援先が通勤経路にあって行きやすいため、それはありがたいと思っています。

―商店街支援以外で経験した実務はありますか。

執筆のお仕事をいただいたほか、コンサルティングのお手伝いをする機会にも恵まれるなど、おかげ様で忙しくなってきました。コンサルティングのお仕事は、実務補習やセミナーで知り合いになった方からオファーをいただき、かかわらせていただいています。

執筆のコツは「設計図」を作ること

―執筆活動についても、詳しくお伺いしたいのですが。

過去には、月刊『企業診断』(同友館)の特集記事の一部を執筆させていただきました。その記事は、参加していたプロコン塾にいらした先輩の中小企業診断士の方が塾の企画として立て、その執筆要員としてお声がけをいただいたものです。テーマは労務系、メンタルヘルスについてです。

そのほか、受験教材の作問も経験しました。今度は、同じプロコン塾で執筆企画を立てている最中です。また、受験の際にお世話になった先生からも執筆依頼をいただいています。

―現在、企画中のものや依頼されているものは、雑誌に掲載する記事ですか。

企画中のものはそうですが、もう1つはeラーニング用の教材作成です。

―教材作成というと、作り方が特殊なように感じます。

今回作成するものは骨組みが決まっていますので、各章・各節で書くものを決めてストーリーを考えないといけません。ストーリーを立てつつ、最終的にはこのようなことを言いたい、という設計図を最初に書くのが基本です。それを作っておくと、一貫性のある、ブレないものが書けると思います。

執筆というと、何から取り組むべきか、大きいものになればなるほど迷いが生じるかもしれませんが、設計図で何を書くかをあらかじめ計画立てておき、それに対する枝葉をふくらませることで楽になると思いました。ですので、今後も機会をいただいたら、まずは設計図から考えていきたいと思っています。

(つづく)

【お役立ちサイト】

【関連情報】

島津 公美(しまづ くみ)
1970年富山県生まれ。2011年中小企業診断士登録。大学卒業後、ゲームメーカーに入社。ゲームセンターの運営・管理に従事した後、関連会社で営業職として環境・衛生商品の販売に携わる。2009年よりグループ全体の人事労務管理業務に従事、現在に至る。