経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

勤務先での資格の活かし方

がんばる企業内診断士

つながりを持って多彩に活動する

司会・文:宮脇 幹太(中小企業診断士)姫野 智子(中小企業診断士)

【第2回】活動の基盤を作ることの重要性

取材日:2013年10月13日

今回は、活動の場をどのように作って活用しているのか、また企業内診断士ならではの悩みについても伺います。

高まる期待

座談会風景
座談会風景

司会:中村さんは、東京プロコン塾ご出身ですね。ここは、独立したい方向けのプロコン塾ですよね。

中村:そうです。皆さんと違って私は、最初はプロコン塾に入っていませんでしたが、5年目の資格更新の際、それまでの経験をもとにさらに力をつけたいと思って応募したんです。本来は、独立または独立予定の方しか入れないのですが、欠員が出たため、入れていただきました。このプロコン塾では2ヵ月に1回、発表をしなければいけませんので、受講中の1年間は、常にそのネタづくりをしていました。さまざまな本を読んでネタ探しをしましたが、それがすごく勉強になり、中小企業診断士としてやりたいことをどんどんやろうと思いながら、ここまで来ました。プロコン塾では、1度でもその分野の仕事に取り組めば、そこからは経験者としてその分野で活動できると教わりましたので、自分で勉強してコンテンツを提供するのも、新しい分野を切り拓く中小企業診断士の1つのやり方と考え、何にでもトライする気持ちで活動しています。

診断士活動の場づくり

司会:皆さん、さまざまな形でコミュニティを作って、チャンスをつかんでおられますね。現在、ご自身の中小企業診断士としてのベースとなっている場所はどこですか。

大橋:YTDは、中小企業診断士としては新人の集まりですが、企業ではキャリアのある方たちが多いため、チームとしてかなりのことはこなせると思っています。何がチャンスだったかは、後になってわかることだと思いますので、診断士内のキャリアにこだわらず、お話があれば手を挙げています。そうすれば、次の仕事につながっていくと思うんですね。たまたま三多摩支部の名刺を出したのがきっかけでPOS研も紹介していただけましたし、商工会の財務セミナーの話もいただきましたので、本当にどこにチャンスがあるかはわかりません。

麻畑:1つは千葉県協会です。人数が多くないため、アットホームでコミュニケーションをとりやすく、皆さんにも気にかけていただけます。昨年は新人だけで研究会を作り、その成果を発表する機会も持たせていただきましたし、中小企業診断士として活動するうえで大切な場所になっています。軍師アカデミーはまだインプットが中心ですが、修了後も仲間として活動は続きますので、今後の仕事につなげていきたいと思っています。

太田佐和子さんと中村昌幸さん
太田 佐和子さんと中村 昌幸さん

中村:私は支部活動と城北支部企業内診断士フォーラム(以下、KSF)ですね。先ほど太田さんがおっしゃっていたように、チャンスが来たときのための準備は大事ですよ。一方、1人でできることは限られていて、自分が得意なピンポイントの案件だけが来るわけではないのも事実です。KSFには80人以上の企業内診断士がいますから、自分は不得意な分野でも、誰かはできるだろうと(笑)、いただいたお話は積極的にお受けしています。手を挙げやすくなるように、企業内診断士で組んで、誰かが持って来た案件をこなしていこうと考えています。そういう意味で、何らかの活動基盤があると心強いですね。

太田:私がマスターコースや支部の活動で得られたものは、何と言っても人脈です。1年目からいろいろと活動できたのは、同期の方に恵まれたことと、目標となる先輩診断士とのつながりを持てたからだと思います。いまは、「女性コンサルタントネット エルズ」に属しており、また「Vividy」(注:診断士&診断士受験生の女子会)という団体の幹事メンバーもしています。この2つは、私のベースとなる場所ですね。研究会では、城南支部に「新談士の会」という登録5年以内の人たちが集まる研究会があって、先輩診断士の話を聞いたりセミナーを開催したりと、さまざまな活動を行っています。ここでの活動も楽しかったですね。

中村:企業内診断士の研究会は各支部にありますので、今後はKSFも連携していきたいと思っています。

診断協会や支部での活動

司会:中村さんは、企業内診断士でありながら、支部の役職もやられていますよね。ほかの皆さんは、所属している協会や支部で何か活動をされていますか。

大橋:POS研の関係で、理論政策更新研修のメニュー制作をやっています。これからは興味を持って、支部活動にもかかわっていきたいですね。

太田:協会活動としては、城南支部の広報部でメーリングリストや名簿の管理をしています。

中村:情報化推進部で城北支部のホームページ更新などの活動をしていますが、さまざまな方とのつながりも持てますので、人脈が広がりますね。たとえば、企業内診断士で商店街支援をやりたいとき、支部にバックアップなどをお願いしやすいということもあります。

麻畑:たしかに、協会の人脈は大切ですね。独立していれば、仕事を振っていただけるなどのチャンスは増えると思います。

大橋:金融機関や商店街と仕事をしたい方は、協会を通じたほうがやりやすそうですね。

企業内診断士の悩み

司会:企業内診断士の皆さんは、当然ながら制約も多いと思いますが、そのあたりの悩みやジレンマはありますか。

麻畑:いまのところ、事業承継支援を自分の強みにしたいと思って学んでいますが、なかなか実践の機会を作れていません。今後、学んだことをどのように活かしていくか、社内外を問わず、きちんとアウトプットができる環境を作りたいと思っています。

司会:真剣に活動されている方ならではの悩みですね。

太田:独立診断士の方がメインで活動されている場では、企業内診断士の果たせる役割はまだ小さく、戦力になれないこともあります。どのようにがんばって続けていくか、難しさを感じているところです。

司会:企業内診断士の皆さんは、平日は動きづらいため、たとえば残業で遅れるとなると、独立診断士の方からは「甘い」と感じられてしまう懸念もあるんでしょうね。

一同:そうですね。

制約があるからこそ

中村:本業は会社の仕事と決めている以上、制約があるのは仕方がないと思っています。大事なのは、時間の管理です。診断士資格を取ってから、格段に時間に敏感になったと思います。「この日は、早く仕事を終わらせなければならない」と意識する、有休も計画的にとる、といったことですね。独立診断士も自分の業務を持っていますので、時間的な制約がある点は、企業内診断士と同じとも考えられます。企業内だからという考えを持ってしまうと甘えが出てしまいますので、それが一番いけないことだと思います。意識していても、できない場合はありますが(笑)。

太田:「できる」と言えることしか、引き受けないようにしなくてはいけませんよね。

中村:「これならできる」というところから出発してもいいと思います。そこから活動を広げていくこともできますから。

太田:仕事も診断士活動も、それぞれ融通をつけやすいものとそうでないものがありますので、時間をどうコントロールしてやっていくかが難しいですよね。

中村:プロコンの方と連携する場合やお客様に対しても、求められるクオリティに応えていけるようにしないといけませんからね。

太田:それがまさに、いまの私の課題です。

(つづく)