経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

勤務先での資格の活かし方

がんばる企業内診断士

資格の価値創造を進める「三井住友銀行 中小企業診断士会」

文:川居 宗則(中小企業診断士)

【第2回】中小企業診断士会の活動状況

第2回、第3回は司会として座談会を開催し、各メンバーの当会に対する思いや、現在の活動状況について聞きました。

個ではなく、チームでできることは何か

イタリアンレストランへの企業診断
イタリアンレストランへの企業診断

川居:三井住友銀行で企業内診断士会を結成すると聞いたときは、どのように思われましたか。

澤浦:大きなチャンスだと思いました。銀行の公認を得ることで行内外での認知度を高め、当行にとって診断士会が他の金融機関にない強みの1つとなるくらい、積極的に活動したいと思いました。

川居:今回は、まさにその考え方に沿って、人事部にクラブ活動報告を申請し、「資格の会」として公認を得たわけですね。

佐藤:私は、ビジネスサポートプラザという中小企業専門の法人営業を行う部署に所属しています。ふだん接する社長様にとって、中小企業診断士の認知度が低く、もっと活用すればよいのにと思う場面が多々あります。行内でもまだまだ認知度が低いので、まずは足元から認知度を高めることが重要だと思いました。

川居:そうですね。では、銀行業務と診断士資格とのシナジーはいかがでしょうか。

澤浦:工場・店舗等実査を通じた企業実態把握やお客様へのアドバイス、ソリューション営業等に大変役立っています。若手に対する勉強会にも、診断士試験の事例を使うなど、積極的に活用しています。

川居:診断士会でのチーム活動のメリットについてはいかがですか。

稲垣:私は診断士会に、グループ内のさまざまな立場における考え方や、異業種の方々の知見・ノウハウを知るためのプラットフォームの役割を期待しています。

司会と澤浦さん
司会(左)と澤浦さん

蓬田:私は診断士会に参加して、グループ内の横のつながりが広がりました。やはり、自分からプロアクティブに行動することの大切さを感じています。

川居:診断士会では今後、社員向け研修でも会社に貢献したいと考えていますが、このたび、人事部研修所の森田さんが活動に参加することになりました。

森田:研修所にいる中小企業診断士の立場から言うと、今後、もし社内研修を実施することになれば、外部の講師ではなく、草の根的な社内のリソースで貢献することになります。その点は、大変良いと思います。銀行業務と診断士資格は親和性が強いことからも、もっとこのリソースを人材育成で活用したいですね。

川居:たしかに、社内にも診断士資格を目指す人が多数います。私たちが活動することで、銀行員診断士としての姿をイメージできるようになればと思います。また行内のみならず、寅丸さんはSMBCコンサルティングからの参加ですね。

寅丸:私は、直接誘われたり頼まれたりしたら、断らない主義なのです(笑)。税理士などは個で仕事ができますが、中小企業診断士は集団で活動したほうが活きる資格だと思っています。

寅丸さんと稲垣さん
寅丸さん(左)と稲垣さん

川居:次に、異業種交流のメリットについて考えてみたいと思います。

澤浦:異業種交流会に参加して、中小企業診断士の知り合いが爆発的に増えました。さまざまな企業で頑張っている方と直接お話しする機会が増えて、大変勉強になります。

佐藤:ネットワークが広がることで、中小企業診断士関係の情報量も格段に増えましたね。

川居:私は先日、日経ビジネスオンラインの「逆風の焼肉(業界)をみんなで応援する」プロジェクトに、アサヒビールグループの松浦端さんからの声かけで参加しました。異業種交流会でお会いしたさまざまな企業のメンバーともご一緒しましたが、業種の特徴を活かした意見やアイデアを聞くことができ、大変良い経験をしました。現在、当会の企業診断が進行中ですが、何かの機会に、異業種企業のコラボレーションによる診断チームでコンサルティングを行えば、面白いアウトプットができると思っています。

イタリアンレストランへの診断実務

蓬田さんと森田さん
蓬田さん(左)と森田さん

川居:今回、澤浦さんの紹介で、イタリアンレストランの企業診断を実施していますが、どのような経緯ですか。

澤浦:社長様が私の父親と知り合いです。

川居:個人的なツテなのですね。

中隈:もし、銀行の融資取引先を診断するとなると、診断結果が融資に結びつくのではないかという期待を持たせてしまう可能性があります。企業診断と融資の判断は別物であることを、きちんと区別するほうがベターでしょうね。

川居:その意味では、三井住友銀行の看板の下で診断士会を運営している私たちは、看板を活かすとともに、守ることも必要だと思います。このあたりが、企業内診断士として配慮すべき点ですね。

澤浦:将来的には、社内からの要請に基づいて企業診断ができる仕組みづくりを目指したいと思います。プロボノ活動等、銀行のCSR活動に参加し、その仕組みの中で、実務従事ポイントを取得できる形になればいいと思います。

川居:そうですね。今回の企業診断を行う中で、今後の方向性についても議論を深めたいところです。

蓬田:私は、今回の企業診断に積極的に参加しています。銀行にいる企業内診断士として何ができるのか、どのように社会貢献ができるのか、大いに期待しています。今回、社長様が拡販を考えている洋菓子についても、家族で試食して感想を聞いています。次回の訪問でフィードバックする予定です。

川居:皆さん、この診断士会を上手に活用して、周囲を巻き込みながら、プロアクティブに行動していますね。

(つづく)

【こちらもおススメ!】

第1回異業種交流会の模様は、こちらで詳しくご紹介しています。

その他、各社企業内診断士会の活動は、こちらをご参照ください。

会の概要

名称 三井住友銀行 中小企業診断士会
設立 2011年7月
会社数 3社((株)三井住友銀行、(株)日本総合研究所、SMBCコンサルティング(株))
人数 15名(2012年3月現在)
目的 診断士資格の価値創造のためにプロアクティブに活動する
連絡先 川居宗則 river.assp@gmail.com