経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

勤務先での資格の活かし方

がんばる企業内診断士

資格の価値創造を進める「三井住友銀行 中小企業診断士会」

文:川居 宗則(中小企業診断士)

【第1回】中小企業診断士会結成のきっかけと合同勉強会

平成23年8月24日、企業内診断士による第2回異業種交流会に、「三井住友銀行 中小企業診断士会」が参加しました。金融業界の企業内診断士会としては初の参加です。今回は3回にわたって、会結成のきっかけと、異業種交流・企業診断・原発事故の風評被害を受けている温泉地視察等の活動状況、さらには今後の活動展望についてご報告します。

チーム三井住友フィナンシャルグループ(以下SMFG)として診断士活動をしよう

まず、当会代表である私・川居宗則の自己紹介をさせていただきます。中小企業診断士登録は平成21年4月で、東京都中小企業診断士協会城南支部の会員部に所属しています。企業内では現在、三井住友銀行藤沢法人営業部で法人部門の営業をしています。融資業務をはじめとした日々の営業活動では、お取引先である多くの中小企業とかかわりがあります。

私が「三井住友銀行 中小企業診断士会」として、チームの診断士活動を立ち上げたきっかけは、次の2点です。

1.資格の活用から価値創造へ

私は、名刺に「中小企業診断士」の肩書きを入れていますが、これまでの業務とどこが変わったかを日々、自問自答していました。そして、「資格取得の過程で得た知識をもっと活用し、何らかの価値創造をしたい。そのうえで、会社と社会に貢献していきたい」という気持ちを持っていました。

2.コンサルティング会社を含めた「チームSMFG」

SMFGグループ内のポジショニング
SMFGグループ内のポジショニング

図表の、会社グループ内のポジショニングをご覧ください。縦軸の業務分野は、専門コンサルティング部署から企画部署まであり、横軸の法人のお取引先については、中小企業から中堅・大企業までを幅広くカバーしています。個人レベルでは資格の活かし方に限界がありますが、さまざまな部署の中小企業診断士が集まったチーム活動によってシナジー効果が発揮できると考え、私は平成23年6月より、銀行グループ内の知り合いの中小企業診断士に声かけをはじめました。

この背景には、SMFGらしさの源泉として、「先進性」、「スピード」、「提案・解決力」という3つの力に磨きをかけ、グループ全体の総合力を高めて価値を提供するという考えがあります。そして活動としては、「プロアクティブ」、つまり周囲を巻き込みながら一歩先の行動をしよう、という思いがあります。

こうして、平成23年7月に8名のメンバーが集まって会が発足し、8月には行内クラブ活動に、「資格の会」として申請を行い、公認を受けました。

活動方針としては、資格の価値創造に重点を置き、「活用→創造→成長→貢献」の4ステージで、会社と社会への貢献を行うことにより、いっそう会が活用されるというサイクル化の考えを共有しました。また今後の活動計画としては、(1)異業種交流(ノウハウの相互交流)、(2)セミナー、(3)広報・執筆活動、(4)経営支援(企業診断実務)の4点を、前述の第2回異業種交流会で発表しました。

合同勉強会など異業種交流の広がり

合同勉強会
合同勉強会

第2回異業種交流会参加の際、企業内診断士会の先輩である「アサヒビールグループ診断士の会」に、合同勉強会開催の申し入れをしました。当会の活動計画の1つである「ノウハウの相互交流」により、業種間の知見を深めたいという考えからです。開催については、「アサヒビールグループ診断士の会」のご快諾をいただき、平成24年1月13日、「新春企画 2社診断士会合同勉強会」として実現しました。

「アサヒビールグループ診断士の会」からは、5年目を迎えて、これまでの活動の軌跡を発表していただきました。特に、3回開催した社内研修については、その目的や運営方法、グループ社員の巻き込み方等、大変参考になりました。

一方、当会からは、銀行業界を取り巻く環境や財務分析手法、架空の企業を題材にした想定ケーススタディを発表しました。そして、フリーディスカッションにおいては、「社会環境やお客様が変化していく中、いままでと同じアプローチでは通用しない。こうした異業種ネットワークを持ち、活用することが、これからのビジネスマンに求められる重要なスキルの1つである」という結論に至りました。

また、私の高校時代の友人に会を立ち上げた話をしたところ、その友人の関係団体で講演会を行う運びとなりました。こうして平成23年11月14日、友人の経営するタクシー会社が所属する「東京無線協同組合」の青年部会研修の一環として、講演会を実施しました。

内容としては、震災後の経済動向、タクシー業界動向、財務分析手法、業界研究(SWOT分析)と、幅広い範囲のプレゼンテーションを行い、講演会は約2時間にわたりました。最後の業界研究では、現在・将来のタクシー会社のオーナーの皆様と活発な意見交換ができ、大いに盛り上がりました。これからも、合同勉強会や講演会等、プロアクティブに異業種交流をしていきたいと思っています。

(つづく)

【こちらもおススメ!】

第1回異業種交流会の模様は、こちらで詳しくご紹介しています。

その他、各社企業内診断士会の活動は、こちらをご参照ください。

会の概要

名称 三井住友銀行 中小企業診断士会
設立 2011年7月
会社数 3社((株)三井住友銀行、(株)日本総合研究所、SMBCコンサルティング(株))
人数 15名(2012年3月現在)
目的 診断士資格の価値創造のためにプロアクティブに活動する
連絡先 川居宗則 river.assp@gmail.com