経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

勤務先での資格の活かし方

がんばる企業内診断士

地域に根ざして中小企業に貢献する 城北支会「企業内診断士フォーラム」

文:朝倉 久男(中小企業診断士)

【第3回】「板橋ユニーク店舗大賞」への取組み

最終回は、企業内診断士フォーラム(以下KSF)の有志メンバーが、事業運営を支えている板橋区中小企業診断士会(以下板診会)が企画運営する「板橋ユニーク店舗大賞事業」について、その取組みをご紹介させていただきます。

2011年度のテーマは震災対応

KSFの会合風景
KSFの会合風景

「板橋ユニーク店舗大賞」は、店のつくりや店舗運営、地域社会との共生等に独自の取組みを行っている店舗の表彰制度で、板橋区商店街連合会と板診会が主催し、板橋区役所が後援する事業です。ユニークな店舗を地域の消費者に知ってもらうことで、売上向上等、受賞店舗の発展を支援するとともに、商店街全体の活性化や振興につなげていこうというものです。本表彰制度は、板診会が企画提案して2009年度に創設され、今年度は「震災対応」(いざというときのための危機管理)をテーマに、ユニークな店舗経営を行っている先を発掘すべく、プロジェクトが進行中です。

「板橋ユニーク店舗大賞」の事務局メンバーとして、板診会所属の中小企業診断士8名が活動しており、そのうち6名は、企業内診断士のKSFメンバーです。また、ユニーク店舗の発掘・評価の調査員としても多くのKSF会員が活躍しており、実際に商店に足を運び、多岐にわたる評価項目に沿って調査・報告するという、本事業のもっとも重要な役割を担っています。ちなみに、2009年度の調査員14名のうち13名がKSFからの参加で、さらに2010年度は全調査員18名、2011年度は16名のKSF会員が参加しています。企業内診断士にとっては、更新ポイントの取得以上に、商店の実際の店舗運営や取組み、商店主へのヒアリング等を通して店舗の実態に触れる貴重な機会となっています。

板橋ユニーク店舗大賞は、その名のとおり、ユニークな店舗を表彰するものですが、テーマを毎年設定して表彰対象を変更することで、同じ店舗が続けて表彰されることなく、継続的にさまざまなユニーク店舗を発掘する仕組みとしています。第1回は、板橋区商店街連合会の加盟全店舗を対象としましたが、選定ポイントとなる「5つの視点」を整理し、「店舗外観」からユニーク店舗を選出しました。また第2回は、「事業承継」をテーマとして後継者のいる店舗を対象にユニーク店舗を選出し、第3回目の今年度は、大変大きなテーマとなりましたが、「震災対応」について現在、取組み中です。

企業内診断士の実務経験

事務局では、毎年のテーマ設定に合わせて調査員が評価を行う際に、基準として使用される「評価項目の作成」を行っています。これは、さまざまな視点を考慮し、多角的な評価を行うとともに、各調査員による評価のバラツキを抑えるため、定量的な点数化を行うための加点基準を設定したものです。また、調査員による店舗調査完了後には、「調査結果の整合」作業を実施しています。同じく、各調査員による評価のバラツキを抑えるために、2名で構成される各班の調査報告書がそろった段階で、全調査員が参集した「調査員報告」を開催し、各班の評価内容のすり合わせをして評価結果の整合を図り、適正化しているのです。この結果を、「受賞候補店舗(案)」として審査委員会(板橋区商店街連合会、板橋区役所、板診会幹部6名より構成)に諮問します。審査委員会で、すべての店舗を1店ごとに審議することは難しいため、事務局で受賞候補店舗を10店舗以内に絞り込むのです。審査委員会では、最終候補となった店舗に実際に出向き、実地検証をしたうえで、金賞、銀賞、銅賞の受賞店舗を決定し、板橋区商店街連合会の新年会で表彰します。

なお、事務局ではパブリシティ活動にも対応し、本事業の広報原稿を作成して区役所広報やCATV等の地域メディア、新聞各社への配信等、広報活動も実施しています。

昨年度は、調査員による商店主へのヒアリングを行ったため、商店主との直接面談を通じて、店舗の長所や短所をつぶさに観察できる点において「実務診断」と同様であり、企業内診断士にとって大変勉強となる経験ができた、との声が多く聞かれました。また、店主との面談を通して、店舗理念の継承の重要性や、業界の慣例にとらわれない後継者のチャレンジ等、有力商店の取組みに触れることもできています。こうした点も、企業内診断士にとっては、単に実務ポイントの取得や若干の報酬だけでないメリットである、との声も多く聞かれました。

企業内診断士には、週末や平日夜間を主体とした活動が中心とならざるを得ない時間的制約がありますが、これが相手先に迷惑をかける理由であってはなりません。企業内診断士が一定の品質と納期に応じたサービスを提供する実務経験を、少しでも取組みやすい形態で実現できるよう、私たちKSFは今後も取組んでいきたいと考えています。

参考:第2回 板橋ユニーク店舗大賞受賞者

テーマ:「事業承継」

選定基準:先代経営者の理念を継承しながら、後継者が独自の経営手法により地域に貢献している店舗

【金賞:キッチン亀】中板橋商店街(振) 中板橋18-11 原田隆様

*先代のこだわりとの融合した店舗づくり *季節感のあるオリジナルメニューの開発

金賞:キッチン亀 金賞:キッチン亀 金賞:キッチン亀

【銀賞:ダイワバック】ハッピーロード大山商店街(振) 大山町6-9 荒木哲也様

*先代より引き継がれた顧客重視の経営理念 *企画力を活かしたオリジナルブランドの製作

銀賞:ダイワバック 銀賞:ダイワバック 銀賞:ダイワバック 銀賞:ダイワバック

【銅賞:肉のマルサン】上板南口銀座商店街(振) 上板橋2-2-23 竹上宣子様

*先代から受け継いだ経営理念 *心のこもったおもてなしの接客

銅賞:肉のマルサン 銅賞:肉のマルサン 銅賞:肉のマルサン

【特別賞:加藤畳店】中板橋商店街(振) 中板橋26-13 加藤修一様

*先代と協力して最新の設備導入 *畳業界ではユニークな経営手法

(おわり)

【参考サイト】

【こちらもおススメ!】