経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

勤務先での資格の活かし方

がんばる企業内診断士

80名強のメンバーを抱え、「貢献」をキーワードに活動中

司会・文:橋本 尚久(中小企業診断士)

【第1回】NECグループ診断士会の素顔に迫る(1)

取材日:2011年9月2日
協力:NECグループ診断士会事務局

多くの企業内診断士を抱える「NECグループ診断士会」。2010年4月に、リーダーの馬場美州さんが会を立ち上げてからわずか約1年半で、80名強の規模にまで拡大しています。ここでは、(1)社会への貢献、(2)会社への貢献、(3)メンバーへの貢献という3つの目的を持つこの会の設立経緯とこれまでの活動を、座談会を交えて紹介していきたいと思います。

有言実行の確かな足跡

NECグループ診断士受験生支援の会
NECグループ診断士受験生
支援の会を開催(2010年9月)

NECグループ診断士会の主な特長としては、2点挙げられます。

1点目は、ダイバーシティに富んだ組織であること。20~50代までの幅広い年代、一般社員から課長、部長、事業部長までの役職、研究者からシステムエンジニア、営業、管理部門等のさまざまな職種のメンバーで成り立っており、女性診断士の参画も多く見られます。

2点目は、リーダーの馬場さんを中心とした会の実行力です。馬場さんは会を盛り上げるため、設立当初に「診断士会でやってみたいこと・診断士会に期待すること」に関するアンケートを実施。上位5位までに挙げられた活動については、馬場さんの強力なリーダーシップとそれを支える事務局メンバー、組織メンバーの協力のもと、この1年半ですべて実行し、実現してきています。ちなみに1位は、企業内診断士が実務ポイント獲得でもっとも苦労すると言われる「実務従事」で、2位以降に「異業種交流」、「NEC 経営層とのディスカッション」、「執筆」、「受験生支援」と続きます。

これらの活動は、冒頭で述べた3つの目的と照らし合わせると、以下のように分類できます。

(1)社会へ
の貢献
(2)会社へ
の貢献
(3)メンバー
への貢献
実務従事
異業種交流
NEC 経営層とのディスカッション
執筆
受験生支援

次に、座談会を通して、会設立の経緯やそれぞれの活動について、NEC のOBとしての筆者の立場から聞いてみました。

会設立のきっかけ

馬場 美州さん
馬場 美州さん

司会:馬場さんは、中小企業診断士登録後4年を経てこの会を立ち上げられましたが、どうしてこのタイミングで設立しようと思われたのですか。経緯ときっかけを教えてください。

馬場:いろいろな研究会などで名刺交換をすると、「NECの中小企業診断士って、多いね」と言われることが多く、もともとNECグループには中小企業診断士が多いという印象がありました。一方で、企業内診断士には、実務ポイントの獲得に苦労している人が多い。ちょうどその頃、NEC 社会貢献室が行っている社会起業家支援という活動をキャッチし、これらをマッチングすると面白いのではないかと思いました。でも、面白いと思っていても、実行しないと意味がない。それを自らの診断士活動の中で意識していたため、即実行に移したというしだいです。

司会:たしかに私も、研究会などでOBとしてNECの名前を出すと、「あの人もNECだよ」と紹介されることが多いですね(笑)。ただ、実際に会を設立しようと決意しても、誰がどの部署にいるのかもわからない中で、どのようにメンバーを集めたのですか。

馬場:まず、これまで研究会で会ったことのあるメンバー10名程度に連絡をしました。会を設立し、2010年4月末に第1回の診断士会定例会を開く旨を伝えて、社内に診断士資格を持っている知り合いがいたら声をかけてほしい、と。すると、1ヵ月も経たないうちに、芋づる式に参加を希望するメンバーが50名程度も集まり、いきなりの大所帯になりました(笑)。その後、「診断士会でやってみたいこと・診断士会に期待すること」、「登録年度」、「所属支部(支会)」、「専門分野」等の属性のアンケートをとり、第1回診断士会定例会に向けての準備にとりかかりました。

橋本 尚久さん
司会・橋本 尚久

司会:それだけの大人数をまとめるのは大変だと思いますが、第1回の診断士会定例会は、馬場さんお1人で準備をされたのですか。

馬場:はい。当日までは、私1人でしたね。アンケートを見ると、やはり実務ポイントを取得したいというメンバーが多く、当初の予定どおり、第1回診断士会定例会では、関連部門に社会起業家支援の募集紹介をしてもらうことにしました。こうした企画や出席者リストの整備、会場手配、資料作成までは1人で準備をしました。でも、当日の受付や会場準備については、アンケートに積極的に答えてくれたメンバーや、合格して間もない、診断士活動に意欲のありそうな2010年合格の5名に声をかけ、手伝ってもらいました。

司会:その5人が、いまの事務局メンバーなのですね。

馬場:はい。小久保和人さん、鹿島崇宏さん、村木麻衣子さん、森川大輔さん、平野恵さんの5名に声をかけました。たまたま声をかけた同士がさまざまなところでつながっていたり、思わぬ再会もあったりと、人のご縁は不思議なものだと思います。それからは事務局を中心に、自分たちで楽しみながら、定例会開催や企画などを行っています。事務局の皆さんは、前向きで優秀な方ばかりなので、助かっています。自分1人では、絶対にここまでできなかったですね。本当に感謝しています。

(つづく)

会の概要

名称 NECグループ診断士会
設立 2010年4月
会社数 13社(2011年9月現在)
人数 86名(2011年10月現在)
目的 中小企業診断士として挑戦・進化し続けることで、社会・会社・メンバーに貢献する。
連絡先 kigyounaishindanshi@gmail.com