経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

独立直後の診断士をレポート

駆け出し診断士の奮闘記

<駆け出し診断士の奮闘記(3)>

文:上野 光夫(中小企業診断士)

【第2回】「中小企業診断士である前に起業家になりたい」[1]

私は念願の独立開業を果たし、周囲の支援で順調なスタートを切ることができた。しかし、その後には予想もしなかった落とし穴が待ち受けていた。

独立直後から順調なスタート

しばらくは「毎日が日曜日」を楽しもうと思ったけれど...

私は、勤務先を退職して独立した頃、「26年間もサラリーマンを続けたのだから、しばらくはゆっくり休もうかなぁ」と考えていました。ところが、そんな悠長な気分はすぐに吹き飛んでしまいます。

それには、2つの理由があります。1つは、私が独立前に約2年間かけて人脈形成に努めたことが功を奏し、独立直後から多くの方に仕事をご紹介いただいたためです。声がかかるたびに相手に会いに行き、話をする日々を過ごしていると、あっという間に時間が経ちました。

もう1つは、安定収入がなくなって恐怖感を感じたことです。サラリーマン時代は、仕事がキツいと思っても、給料は毎月自動的に振り込まれますから、お金の心配をすることはありません。しかし、当たり前ですが、独立すると収入は途絶えます。「一歩踏み外せば、生きていけなくなるのではないか」というほど、大きな恐怖感に襲われました。すると、いてもたってもいられなくなり、「あれもやらなきゃ。これもやらなきゃ」と思いながらも、焦りが先行して前進せず、私のガラスのハートは壊れてしまいそうでした。それでも、何とか気を取り直し、いただいた仕事に力を入れていきました。

こうして、独立直後から「とにかく動かなきゃ」という気持ちが強く働き、時間の流れる速度が倍になったような気さえしていたのです。

「起業支援コンサルタント」となることを目標に

私は、独立前に相談したプロコンサルタントの中小企業診断士の方から、「独立診断士として成功したいなら、誰にも負けない専門分野を持て」とアドバイスをいただきました。そこで、勤務時代に創業融資に力を入れていた私は、起業支援を専門分野としてアピールしていこうと決意しました。

ところが、その目標を他人に話すと、「起業しようとする人はお金をあまり持っていないから、なかなか厳しいよ」というネガティブな意見をもらうことも多くありました。それでも周囲を見渡すと、「起業支援」の旗を掲げて活躍する中小企業診断士は少なからずいます。彼らと比べたときの私の強みは、「創業融資を受けやすくするためのノウハウ」を持っていることです。これに関しては、誰にも負けない自信があります。なぜなら、日本政策金融公庫で創業融資をする立場にいて、5,000人以上の起業家と向き合ってきたからです。私は、「起業時の資金調達を円滑にする」というコンサルティングサービスを前面に出せば、それなりにお客さんを獲得できるのではないかと思い始めました。

そこで、人と会うたびに「私は起業支援が得意です。特に、資金調達に関しては誰にも負けません」とアピールするようにしました。「誰にも負けません」と言うのは、最初は抵抗がありましたが、認識していただくために重要なことなので、ハッキリと言うように心がけました。

また、起業支援のサイト「DREAM GATE」のアドバイザー登録に申し込み、採用していただくことができました。私のプロフィールには大胆にも、「起業家が資金調達するための方法に関するノウハウは日本一です!」と書いてあります。そしてしばらく経った頃には、「アドバイザーランキング」の「資金調達部門」において、第1位を獲得することができました。

マスターコースの自主開催セミナーで講師を務める

マスターコースのセミナー
マスターコースのセミナー

1年間通っていたマスターコース「夢をカナエル! プロコン養成マスターコース」では、総仕上げとして、自主セミナーの開催が課題となっていました。そんな中、他のメンバーと協議した結果、何と私がメイン講師となり、開業資金調達セミナーをやろうという話になったのです。私にとってはとても嬉しかったのですが、事前練習では大変な思いをしました。メンバーから、容赦なく強烈なダメ出しが飛ぶのです。「話の意味がわからない」、「表情が固い」、「話すスピードが早すぎる」等々...。サラリーマンの頃は管理職で、ダメ出しを受ける場面が少なかったので、少し凹んでしまいました。

でも、そのおかげで、本番では落ち着いて講演することができ、参加者のアンケートでも良い結果をいただくことができました。このセミナーは、2011年6月のことです。こうした機会がなければ、セミナー講師の実績も容易には積めなかったでしょう。いまとなっては、とても感謝しています。以降、自分でセミナーを開催するほか、東京商工会議所やセミナー会社等からも講師として呼んでいただけるようになりました。

[ 1 ][ 2 ] >>

【こちらもオススメ!】

※独立・開業したい人に役立つ情報が掲載されています。

※中小企業診断士受験生時代~独立・初めてのクライアント訪問までが綴られています。

※独立前後の日々が、ドキュメントタッチで綴られています。