アンケートにみる診断士の実像

アンケートにみる診断士の実像 TOPページに戻る

第2章 データでみる診断士6年間の変化

小野 史人・神奈川県支部

 本アンケート調査は、おおよそ5年ごとに実施されている。この5月、中小企業診断協会から2011年の調査結果が公開されたのを受け、本章では、前回調査(2005年実施)に共通の質問とその結果に着目し、ここ6年間での診断士の属性や意識、活動の変化を明らかにしてみたい。

 なお、2011年、2005年ともアンケート各質問に対する回答「無回答」は除いて分析・比較を行った。

3.活動の変化

(1)コンサルティング業務の内容〜「診る」傾向が強まる

 私たち診断士の活動内容にも変化があった。

 2011年は2005年と比較して、「3.調査研究業務」、「4.講演・教育訓練業務」、「5.執筆活動業務」は業務全体でみても、中小企業対象でみても大幅に減少している。特に「5.執筆活動業務」は業務全体では5.6ポイント減少、中小企業対象では5.9ポイント減少と、2005年の2/3程度まで減少した。

 一方、2011年の「1.診断業務」、「2.経営指導」は2005年と比較して、業務全体でみても、中小企業対象でもみても増加している。

 診断士の仕事はよく、「診る」、「書く」、「話す」の3つと言われている。2005年も「診る」の比重が大きく、次に「書く」、「話す」というバランスであった。アンケート結果を踏まえると、ここ6年間で、活動に占める「診る」の比重は高まった。一方、活動に占める「書く」、「話す」のウェイトは2005年よりも低くなったと言えるのではないだろうか。中小企業支援にもさまざまな活動があるが、「診る」がますます診断士には求められている。それぞれの分野で、クライアントの経営力向上に寄与するコンサルティングサービスを提供するために、私たちは日々、コンサルの腕を磨かなくてはならない。
 

4.おわりに

 ここまで、2011年と2005年のアンケート結果の比較を通じて、診断士の属性の変化、意識の変化、活動の変化の3つをみてきた。それぞれの変化を端的に集約すると、以下のとおりではないだろうか。

〈属性の変化〉診断士は生涯現役、独立診断士間の競争は激化している
〈意識の変化〉当初から独立を志して診断士資格を取得、独立予備軍も増加した
〈活動の変化〉診断士の使命「診る」の比重が高まった

プロフィール

小野 史人(おの ふみと)

横浜市立大学商学部卒業後、システム開発会社でERP導入に従事。平成20年中小企業診断士登録、平成21年独立。製造業・サービス業の経営管理に係る仕組みづくりを得意とし、モットーは「企業の資金創出力向上に繋がる改善・革新」である。