データでみる中小企業診断士2016〜中小企業診断士アンケート調査結果から〜

データでみる中小企業診断士2016 TOPページに戻る

4. コンサルタント業務について

コンサルタント業務の日数

問14.以下の設問からは問7で経営コンサルタント業務を行っていると答えた方への質問です。あなたは、昨年1年間で、次のコンサルティング業務を何日行いましたか。およその日数をご記入ください。また、そのうち中小・小規模企業を対象とする業務は何日ですか。

問7「経営コンサルタント業務(副業等含む)の活動状況」でコンサルティング業務を行っていると答えた方では、「経営指導」が73.5日と最も多く、次いで「診断業務」、「調査研究業務」が続いている。なお「その他」では、「ISO審査業務」、「窓口相談業務」の回答が多くみられる。また、業務全体での中小・小規模企業の占める割合はおおよそ9割となっている。

表15. コンサルタント業務の日数
回答数平均日数
診断業務業務全体68039.4
うち中小・小規模企業66935.4
経営指導業務全体94973.5
うち中小・小規模企業93569.4
調査研究業務業務全体25425.5
うち中小・小規模企業21320.7
講演・教育訓練業務業務全体60921.0
うち中小・小規模企業48316.5
執筆活動業務全体28920.5
うち中小・小規模企業18819.4
その他業務全体23661.0
うち中小・小規模企業18953.4
合計業務全体3,017 
うち中小・小規模企業2,677 

コンサルタント業務のテーマ

問15.あなたが過去3年間に実施したコンサルティング業務のテーマで、多いものを次から5つ以内選び、その順位番号をご記入ください。

過去3年間で実施したコンサルティングテーマの第1位では、「経営革新・経営改善支援」が32.7%を占めており、以下「販路拡大、販促支援」10.4%、「事業再生、再チャレンジ支援」9.8%が続いている。経営全般にかかる戦略的課題克服の企業側ニーズが、強いことがうかがわれる。

表16. コンサルティング業務のテーマ
回答数構成比(%)回答数構成比(%)回答数構成比(%)回答数構成比(%)回答数構成比(%)
一位二位三位四位五位
ベンチャー・創業支援857.1857.69910.2759.8629.9
経営革新・経営改善支援38932.727424.514314.7739.6416.5
販路拡大、販促支援12410.418016.113614.08411.0538.5
地域資源活用(農商工等連携、6次産業化など)支援211.8252.2242.5283.7335.3
新分野進出支援161.3363.2586.0506.6528.3
事業再生、再チャレンジ支援1169.8736.5535.4364.7274.3
事業承継支援191.6222.0555.6587.66911.0
事業転換支援10.120.2101.0243.1152.4
国際化・海外展開支援242.0151.3212.2131.7172.7
情報化戦略支援302.5302.7222.3212.8132.1
人材教育、雇用、労務関係支援1028.61099.7959.8749.7487.7
商店街・商業集積・街おこし支援373.1423.8383.9334.3436.9
ものづくり(生産管理、製品・技術開発)支援645.4817.2656.7597.7467.3
省エネ・環境保全支援90.890.870.760.8111.8
ISO認証支援70.6151.3141.4111.4111.8
財務、資金繰り支援847.1918.111211.59111.9548.6
産廃診断支援90.8100.9101.0131.7233.7
その他524.4211.9121.2141.881.3
合計1,189100.01,120100.0974100.0763100.0626100.0

公的業務・民間業務の売上に占める割合

問16.あなたの仕事を大きく分けて公的業務(国・都道府県・市町村、商工会議所などの中小企業関係機関)、民間業務とするなら、売上に占める割合はどちらがどの程度高いですか(○印は一つだけ)。

公的、民間業務の売上の比重割合では「民間業務がかなり高い」が42.0%、「公的業務がかなり高い」が28.9%と二極化が見られる。

表17. 公的業務・民間業務の売上に占める割合
回答数構成比(%)
公的業務がかなり高い35028.9
公的業務がやや高い13811.4
半々程度1068.7
民間業務がやや高い917.5
民間業務がかなり高い50942.0
わからない191.6
合計1,213100.0

コンサルタント業務の依頼のきっかけ

問17.あなたがコンサルティング業務を行う際の依頼を受けたきっかけについて、多いものを次から5つ以内選び、その順位番号をご記入ください。

コンサル業務を行う際の依頼を受けたきっかけの第1位では、「中小企業支援機関・商工団体などからの紹介」23.1%が一番多く、以下「現在や過去の顧問先企業からの紹介」12.0%、「同業者からの紹介」11.1%、「各県の診断士協会からの紹介」10.6%が続いており、仕事を獲得するには人的ネットワークをいかに構築していくかが重要となる。

表18. コンサルタント業務の依頼のきっかけ
回答数構成比(%)回答数構成比(%)回答数構成比(%)回答数構成比(%)回答数構成比(%)
一位二位三位四位五位
講演会・経営者向けイベント585.1657.26610.44211.34315.0
相談窓口595.2657.2416.5318.3248.4
ユーザー企業からの直接依頼(ウェブサイトなど)1059.3778.6507.94712.64214.7
各県の診断士協会からの紹介12010.611612.9599.3267.0144.9
中小企業支援機関・商工団体などからの紹介26123.120723.09114.4349.1175.9
金融機関からの紹介1089.69510.68914.14211.33512.2
同業者からの紹介12511.111212.57511.96116.42910.1
他資格専門家からの紹介403.5505.66610.44712.63712.9
現在や過去の顧問先企業からの紹介13612.09210.27612.03810.23913.6
その他11710.4202.2193.051.362.1
合計1,129100.0899100.0632100.0373100.0286100.0