データでみる中小企業診断士2016〜中小企業診断士アンケート調査結果から〜

データでみる中小企業診断士2016 TOPページに戻る

2. 活動状況について

経営コンサルタント業務(副業等含む)の活動状況

問7.現在、あなたは経営コンサルタント業務(副業などを含む)を行っていますか。

「経営コンサルタント業務」を行っている者は63.2%となっており、5年前に実施した「2011年版中小企業診断士活動状況及びコンサルティングニーズ等に関するアンケート調査結果」(以下、前回調査)の57.1%より、コンサル業務従事者が増加していることがうかがえる。

表7. 経営コンサルタント業務(副業等含む)の活動状況
回答数構成比(%)
行っている1,23063.2
行っていない71636.8
合計1,946100.0

問7−1.行っている場合、何年経過していますか。

表8. 経営コンサルタント業務(副業等含む)の活動経過年数
回答数構成比(%)
5年以内40836.0
6〜10年以内27824.5
11〜15年以内16614.6
16〜20年以内1069.3
21〜30年以内11610.2
31年以上605.3
合計1,134100.0

経営コンサルタント業務を行っていない理由

問8.以下の設問からは問7で経営コンサルタント業務を行っていないと答えた方への質問です。 あなたが経営コンサルタント業務を行っていない理由は何ですか(○印はいくつでも)

経営コンサルタント業務を行っていない理由として、「副業禁止」28.2%、「時間的制約」23.1%と業務上の制約が過半数を超える一方、「機会がない」20.6%も多く挙げられている。

表9. 経営コンサルタント業務を行っていない理由
回答数構成比(%)
資格を自分の仕事に生かしているから15312.3
会社の仕事に追われ、時間と余裕がないから28623.1
会社との契約上、副業ができないから35028.2
機会がないから25520.6
自分の能力不足14411.6
関係者の理解不足151.2
その他373.0
合計1,240100.0

企業内診断士としての志向

問9.あなたが中小企業診断士として志向している項目を2つ以内選び、その順位番号をご記入ください。

企業内診断士としての志向項目では、第1位が「経営全般の勉強・スキルアップ」の31.0%、続いて「定年後または退社後の資格活用」が23.0%となっている。現在の仕事を続けながら企業内でのキャリアアップや診断士としての専門性を高めていく志向が強いことがうかがえる。

表10. 企業内診断士としての志向
1位構成比(%)2位構成比(%)
診断士仲間、異士業間の人間形成やネットワークに活用したい13821.216425.9
自分の担当業務の専門性を高めたい9214.19114.4
経営全般の勉強など、スキルアップを図りたい20231.014422.7
定年後または退社後に資格を活用したい15023.014723.2
休日などを利用してコンサルタント業務に活用したい6610.18112.8
特にない40.671.1
合計652100.0634100.0