データでみる中小企業診断士2016〜中小企業診断士アンケート調査結果から〜

中小企業診断士は、その資格をどのように活用し、どのように活動しているのか。

本コンテンツでは、平成27年11月に、一般社団法人中小企業診断協会が、都道府県協会に所属する会員中小企業診断士を対象に実施したアンケート結果をもとにデータをまとめました。

これから中小企業診断士を目指す方、また、資格取得後の展開を考えている方の参考として、ぜひ、ご覧ください。

なお、平成22年度に行ったアンケート結果は「データでみる中小企業診断士2011年版」からご覧ください。

平成28年4月 一般社団法人 中小企業診断協会

【調査方法】

1.調査対象:正会員(9,457名)に対する郵送法
2.調査時点:平成27年11月
3.回 答 数:1,992名(回答率21.1%)

INDEX(調査項目)

項目 内容
1. 基本属性 年齢構成、 職業、 中小企業診断士以外の保有資格、 登録年数、 資格取得の動機、 資格取得に対する評価
2. 活動状況について 経営コンサルタント業務(副業等含む)の活動状況、 活動経過年数、 経営コンサルタント業務を行っていない理由、 企業内診断士としての志向
3. 資格更新・独立開業について 実務の従事要件のポイント取得阻害要因、 実務の従事要件のポイント取得方法、 診断士としての独立開業予定、 独立予定のない理由
4. コンサルタント業務について コンサルタント業務の日数、 コンサルタント業務のテーマ、 公的業務・民間業務の売上に占める割合 コンサルタント業務の依頼のきっかけ
5. 顧問契約、報酬について 顧問契約、 コンサルタント業務の年間売上、 コンサルティング報酬
6. 専門分野について 得意とする専門分野
7. コンサルティング需要について 今後のコンサルティング需要、 コンサルティング需要が伸びると思われる理由、 コンサルティング需要が減少すると思われる理由

本調査における問い合わせ先

本調査に関する問い合わせは、一般社団法人 中小企業診断協会 までお願いいたします。

一般社団法人 中小企業診断協会

一般社団法人 中小企業診断協会
http://www.j-smeca.jp/