データでみる中小企業診断士2011〜中小企業診断士アンケート調査結果から〜

データでみる中小企業診断士2011 TOPページに戻る

7. コンサルティング需要について

今後のコンサルティング需要

問21.あなたは、今後中小企業診断士のコンサルティング需要がどのようになると考えますか。

今後のコンサルティング需要が「伸びると思う」19.1%、「徐々に伸びると思う」32.8%を合わせると過半数の方がコンサルティング需要の増加を見込んでいる。

表24. 今後のコンサルティング需要
回答数構成比(%)
伸びると思う40119.1
徐々に伸びると思う69032.8
変わらないと思う52725.1
徐々に減少すると思う28413.5
減少すると思う1346.4
無回答663.1
合計2,102100.0

コンサルティング需要が伸びると思われる理由

問22.「伸びると思う」「徐々に伸びると思う」と回答された方にお尋ねします。そう思われる理由は何ですか。(MA)

コンサルティング需要が伸びる理由としては、「経営環境の厳しさから、よりレベルの高い経営力が必要となってくるから」が23.2%、「新分野進出・新規創業など戦略的支援の要請が高まってくるから」が15.6%と、それぞれ高い回答を得ている。

表25. コンサルティング需要が伸びると思われる理由
回答数構成比(%)
新分野進出・新規創業など戦略的支援の要請が高まってくるから55215.6
農林水産業、介護・福祉業等新たな業種の支援要請が高まってくるから44112.5
経営環境の厳しさから、よりレベルの高い経営力が必要となってくるから81923.2
製品開発・ISO認証取得など技術力強化の要請が高まってくるから992.8
情報ネットワーク化の進展等情報技術応用の要請が高まってくるから1985.6
人材育成の要請が高まってくるから43212.2
販路開拓などマーティング活動の高度化の要請が高まってくるから42512.0
海外商品の拡大、海外進出など国際化の要請が高まってくるから3419.7
省エネ・環境保全に対応した要請が高まってくるから1654.7
その他611.7
無回答00.0
合計3,533100.0

コンサルティング需要が減少すると思われる理由

問23.「徐々に減少すると思う」「減少すると思う」と回答された方にお尋ねします。そう思われる理由は何ですか。(MA)

コンサルティング需要が減少する理由としては、「景気悪化で企業に余裕がなくなる」、「公的診断・支援等が減少するから」の2項目が高い回答となっている。また「その他」では、「中小企業数の減少」とする回答が多くみられる。

表26. コンサルティング需要が減少すると思われる理由
回答数構成比(%)
公的診断・支援等が減少するから20526.9
大手コンサルタント会社との競争が激化するから759.9
中小企業支援センター等との競合があるから486.3
企業自身の経営能力が向上するから557.2
景気悪化で企業自身にコンサルフィーを支払う余裕がなくなってきたから28437.3
その他9212.1
無回答20.3
合計761100.0