経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

コンサルティング最前線

株式会社三菱総合研究所 地域経営研究本部 地域経営コンサルティンググループ
山田 英二さんに聞く
総合力の中で個人の力量を高める

取材・文:村橋保春

【第5回】組織の中で、どのように力量を発揮するか

取材日:2009年2月28日

― 三菱総合研究所のように整備された大きな組織の中にあって、コンサルタントとしてどのように力量を発揮していけばよろしいでしょうか。そのための問題意識やスキルアップの方法などについて、山田さんのお考えをお聞かせください。

山田さん

山田氏:基本的には組織ありきでなく、個人ありきであると思っています。個人のモチベーションが大切です。モチベーションの高い人間が集まって組織は強くなるものです。

ですからコンサルタントは、個人ベースで常に能力アップを図らなければならないと考えます。切磋琢磨したメンバーがアライアンスを組むことにより、爆発的な能力を発揮することができます。

アライアンスを組むうえでも、コンプライアンスに関しては注意しなければなりません。組織のガバナンスに関しても、留意すべきことが増えています。こうしたシステマティックな部分について、今後しっかり気をつけていかなければならないところだと思います。

システムとして進めていく部分と、個としての能力を発揮する部分とをどのように折り合いを付けていくかがポイントでしょうね。

― 個人に力量を客観的に示すものとして資格があるかと思います。資格保有者に関して、どのような捉え方をされておられますか。

山田氏:当研究所の採用に際しては、修士を条件としています。博士を持って入社する者もおりますし、入社してから博士号を取得するものもいますね。ただし、修士や博士は資格として意識しているものではなく、モチベーションを高めるといった要素は薄いといえます。

資格という面では、当研究所での業務は、例えば、弁護士資格、会計士資格、建築士資格のような資格を持っていないとできないものは基本的にはありません。そのため資格をマストとすることはありません。

しかし、個人の資質向上のために、資格取得に努めることは有効だと考えます。

― 資格が必須な業務があまりないということで、資格取得そのものもあまり奨励されておられないんでしょうか。

山田氏:いえ、資格取得に関しては奨励しています。資格取得を通じた資質向上は、コンサルタント個人としても、組織としても、コンサルティングの質が高まることですから、ふさわしいことだと思います。ただし、資格手当て等の制度までは整えてはいませんね。

― 中小企業診断士という資格についてはいかがですか。

山田氏:実は私も以前受験して、1次試験は合格しました。もう10年以上前のことですね。私自身は中小企業診断士という資格を取得することを目的とせず、資格勉強を通じて考え方を整理することに重きを置いていましたので、2次試験は受けずじまいでした。

中小企業診断士という資格は、経営やマネジメントに関して広範囲に体系だって学ぶことができますので、受験する、その前に勉強することだけでも非常に意味があることだと思います。当研究所のコンサルタントでも関心を持っているものはけっこういますよ。1次試験などは、受験まで進まなくても、関係するテキストを読むことで、コンサルタントとしての自信につながるのではないでしょうか。

こうしてお話ししてきた中で繰り返して来たことですが、コンサルタントはまずしっかりとした資質、能力を持っていなければなりません。提供するもの、すなわちコンサルティングは、ほとんど全てがコンサルタントの資質、能力から生まれてくるものです。

ただし、社会はどんどん進化し、専門性、特殊性も向上します。コンサルタント一人で対応できる範囲は極めて限定的になります。組織やコンサルタント相互の適切な連携が求められます。

コンサルタントという仕事は業務としてはけっこう厳しいですけれども、クライアントから信頼され、期待されることをやりがいとしてがんばっている人たちが数多くいます。

コンサルタントという仕事に関心を持っていただき、コンサルタントに期待して活躍する場面を提供いただければと思います。

― 山田さん、本日はお忙しいところ、貴重なお話を伺う機会をいただきまことにありがとうございました。大変参考になりました。どうもありがとうございました。

(おわり)

プロフィール・会社概要

山田 英二さん:株式会社三菱総合研究所 地域経営研究本部 地域経営コンサルティンググループ

山田 英二(やまだ えいじ)/昭和32年生まれ。建設コンサルタント会社を経て株式会社三菱総合研究所に入社。専門は地域政策・都市政策で、これまで都市住宅政策、地域産業振興、少子高齢化対策などのテーマに取り組み、近年は行政経営や行財政改革のほか、中心市街地活性化などの業務に携わる。
株式会社三菱総合研究所 http://www.mri.co.jp/