経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

地元に根付いた活動報告

地産地診

【第1回】会員数増に向けて

2018年2月13日更新(取材日:2017年10月25日)

地域に根づいた活動を行う中小企業診断士の方々をご紹介する「地産地診」。今回は、鹿児島県の皆様をご紹介します。
第1回目は、(一社)鹿児島県中小企業診断士協会の田中博道会長に、協会としての取組みや地元志向の強い鹿児島県での地域に密着した診断活動についてお話を伺いました。

―鹿児島県協会を盛り上げるために、いま力を入れていることをお聞かせください。

会員数を増やすことです。現在、鹿児島県協会の会員数は44名ですが、県内にいる中小企業診断士の数は推定100名程度です。協会加入率が低いため、未加入の中小企業診断士にどのようにして入会してもらうかが課題です。

―協会加入率が低い要因は、どこにあるとお考えですか?

理由の1つとして、年会費の4万円が高いという声があります。しかし現在は、協会に加入すれば、会費をまかなえるくらいの仕事はありますので、このことが周知されれば、決して高くはないと感じる人が増えると考えております。未加入の中小企業診断士の方には、現状を説明して当協会への加入を呼び掛けています。
もう1つの理由として、鹿児島県においては、金融機関(銀行)に勤務する中小企業診断士の加入率が低いという事情があります。私の知る限り、金融機関(銀行)に勤務する中小企業診断士がかなりの割合で協会に加入されている県もあるようですが、鹿児島県では残念ながら、わずか1名しかいません。

―以前は、協会に加入しても、会費をまかなえるほどの仕事はなかったのでしょうか?

当協会には独特の歴史があります。前身である昭和33年設立の社団法人中小企業診断協会九州支部鹿児島県支会の頃の話に遡りますが、独占業をお持ちの方が会長を務めていらっしゃったこともあって、協会として宣伝・営業活動をし、仕事を受託するという発想が乏しかったようです。そのため、行政機関や金融機関との関係が非常に希薄な状況で、仕事が決して多いとはいえない時代もありました。

―ここにきて、会員数を増やしたいと思われている理由をお聞かせください。

当協会では現在、信用保証協会の事業に力を入れており、各種分野で経験のある中小企業診断士に参加してほしいと考えています。会員数が増えれば、当協会としても案件ごとに的確な支援のできる中小企業診断士を派遣できると考えているからです。

―実際に活動できる中小企業診断士を増やすために、どのような取組みをされていますか?

44名の会員のうち、実際に診断活動に参加いただけるのは20名強です。それでも、昔に比べれば、はるかに増えていますが、活動できる中小企業診断士を増やすために、企業内診断士に参加をお願いしています。
企業内診断士には、「兼業禁止規定に抵触するため、活動できない」という考えを持っている方が多いのですが、「はなからダメとは思わず、まずは支援活動が可能かどうかを勤務先に聞いてみてください」とお願いをしています。もしも聞くことはできなかったとしても、使っていない有給休暇をうまく活用すれば、支援活動は可能ではないでしょうか。
中小企業診断士として、この時点から支援活動に関与していなければ、いざ定年退職時に「入会しますので、何か仕事はありませんか」と言われても、簡単にできる仕事などないでしょう。「いまは、将来のキャリアのための準備期間ですよ」と説明し、当協会に入会して支援・助言活動に自主的・積極的に携わっていただくことを推進しています。

―今後の活動についてお聞かせください。

これからも営業活動を積極的に行っていきたいと思っていますが、鹿児島県は人が集まらないため、たとえば創業塾を開講するのも至難の業です。
それでも、地道な活動により、鹿児島県の信用保証協会からは好評を得ています。非常に熱心な支援を行ってくれている会員の方には、感謝しています。同様に、創業支援も着実に根づいており、商工会議所等からも好評を得ています。
鹿児島県の特殊な事情をお話ししてまいりましたが、間違いなく企業側の中小企業診断士に対する意識には変化が起きています。会長として会を盛り上げるために、これまで以上に頑張り続けなければならないと感じています。

(つづく)

プロフィール

田中 博道さん

田中 博道(たなか ひろみち)
自動車メーカーに勤務後、中小企業診断士として平成12年に独立。
平成24年より一般社団法人鹿児島県中小企業診断士協会会長。

事業所名:アイドゥ経営研究所
所在地:鹿児島県鹿児島市西田2-20-26-401
TEL:090-2962-0436(099-258-1871)
E-mail:tancha53@orion.ocn.ne.jp