経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

地元に根付いた活動報告

地産地診

(17)特別編・ゲストハウスを経営する診断士に聞く(2)比企智浩さん

取材・文:齊藤 睦美(中小企業診断士)竹内 覚(中小企業診断士)

【第1回】中小企業診断士が事業を行うことの意味

2017年11月21日更新(取材日:2017年7月23日)

地域に根づいた活動を行う中小企業診断士をご紹介する「地産地診」。今回は、茨城県石岡市でゲストハウスを経営しながら中小企業診断士としても活躍されている比企智浩さんにご登場いただきます。
第1回は、ゲストハウスを経営するに至った経緯とゲストハウス開業までの苦悩についてお伺いします。

茨城県初の古民家ゲストハウス「jicca」―あなたの実家でありたい

―現在のお仕事についてお聞かせください。

2015年11月から地元である茨城県石岡市で「ゲストハウスjicca」を経営しています。受付や掃除などをスタッフとともに行っています。
また、中小企業診断士としては2016年5月の登録と同時に開業しました。主にITと創業の切り口で、事業計画の立案・実行支援を行っています。

―ゲストハウスはどのようなコンセプトで経営されているのでしょうか?

「あなたの実家でありたい」というコンセプトをもとに、誰が来ても実家だと思えるような家をイメージして経営しています。石岡市は比較的東京に近いですが、ふるさとを感じさせるような田舎町です。ゆっくりとした週末を田舎で過ごしたい、という首都圏のお客様が中心です。
このようなコンセプトを明確に持てたのも、中小企業診断士の知識があったからです。コンセプトを明確にすること、つまり来店したくなる動機付けが、起業においては重要だと考えています。もし診断士試験を勉強していなかったら、なかなか起業に至らなかったと思います。

自分が好きなこと、やりたいと思うことに挑戦する

―14か国もの海外旅行をされたそうですね。海外経験で現在の原動力となっていることはありますか?

はい。ペルーでバス移動をしていたときのことです。土砂崩れが起きて道が寸断され、私は呆然としてしまいました。しかし、地元の客はトランクから荷物を取り出し、その場で果物やお菓子を売り始めたのです。また、ある客は道路で寝始めたりしました。私はそのバイタリティや柔軟性に感銘を受けました。逞しく生きている彼らを見て、「やれないことはない」と現在の原動力になっています。

―海外経験でそのほかに気づきはありましたか?

観光が一大産業になっている点です。単純に観光地を巡るのではなく、アクティビティをうまく折り合わせている点は勉強になりました。
たとえばアルゼンチンのペリノモリノ氷河ツアーでは、トレッキング後に氷河をアイスピックで砕き、ウィスキーをいただくことができます。見るだけではなく、触覚や香り、味覚で氷河を楽しめるツアーです。このような体験型ツアーは、日本でこれから伸びる余地があると思います。日本は素晴らしい地域資源が多くあるのに、活かしきれていないと感じます。そこでゲストハウスを作り、地域資源をアピールする場にしようと考えました。

ゲストハウス開業までの苦悩

―開業にあたり、どのように資金調達をされましたか?

クラウドファンディングを活用しました。クラウドファンディングとは、SNSなどを通じて事業内容と金額を提示し、資金援助を求めるものです。目標金額を設定し、1円でも目標金額に達していない場合は、支援金が入らない方式です。
その際、「どのような企画にすれば資金が集まるか?」というマーケティング面を重視しました。インターネット(ブログ、プロモーションビデオ、SNS)やオフライン(チラシ、プレスリリース、イベント)を複合的に活用することで、無事に達成することができました。このような成果を出せたのも、中小企業診断士の勉強をしていたからだと思います。

―ゲストハウスの準備で一番大変だったことは何ですか?

空き家のリノベーションです。木材部分を拭いたり、障子を洗ったりと部屋の復旧に時間がかかり、肉体的につらかったです。また、この準備期間は、東京の会社に勤めながら中小企業診断士の勉強もしていましたので、タイムマネジメントも大変でしたね。
でも、このような経験は、充実した診断士活動につながっていると思っています。起業した経験があることで、理論や理屈だけで支援しているのではないことを支援先にわかってもらえる。年齢が若くても説得力、信用度が上がりますよね。だから、ゲストハウス経営と中小企業診断士のどちらもやることに意味があると思っています。

(つづく)

【お役立ちコンテンツ】

【関連情報】

プロフィール

比企 智浩さん

比企 智浩(ひき ともひろ)
noroshi代表。1989年生まれ。茨城県石岡市出身。大手信用調査会社に勤務後、独立。旅の経験から茨城の地域資源に可能性を感じ、古民家ゲストハウスjiccaをオープン。地域にかかわる里山イベントを開催し、地域の魅力を発信している。また、自身の創業経験を糧とし、中小企業診断士としてITと実学を用いた経営支援を実践している。


【会社名】noroshi
【所在地】茨城県石岡市加生野392-1
【E-mail】info@noroshi-c.com
【URL】http://noroshi-c.com 【ゲストハウスjiccaHP】http://jicca-gh.com