経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

地元に根付いた活動報告

地産地診

(17)特別編・ゲストハウスを経営する診断士に聞く(1)伊達万祥さん

取材・文:田中 祥太(中小企業診断士)藤崎 麻美子(中小企業診断士)

【第2回】ゲストハウス経営もできる中小企業診断士へ

2017年11月16日更新(取材日:2017年7月25日)

地域に根づいた活動を行う中小企業診断士をご紹介する「地産地診」。今回は、地元・和歌山でゲストハウスを経営しながら中小企業診断士として活動する伊達万祥さんにご登場いただきます。
第2回は、ゲストハウス経営とコンサルティング活動、さらに今後の展望についても伺いました。

ふるさとでゲストハウス経営×都市でコンサルタント

―開業から約1年が経過し、ゲストハウス経営はいかがでしょうか?

現在はWebを中心としたマーケティング活動に力を入れています。

高野山は観光客で賑わっていますが、Shidoのあるふもと(JR高野口駅)までは来てくれません。ですから「体験」をコンセプトに、外国人観光客が興味を持つWebツールの充実に力を入れています。デザイナーと組んで、インスタグラムでは周辺観光施設を魅力的に掲載し、約1万人のフォロワーを集めました。

さらに、トレッキング用の観光マップも実際に歩いて自社で作りました。Shidoを起点に、町石道(ちょいしみち)という世界文化遺産に登録された道から高野山を登るルートです。スマートフォン対応でリンクを押すとグーグルマップに飛ぶ、外国人ユーザーにフレンドリーなマップです。

―コンサルティング活動の現状をお聞かせください。

大阪にあるGSDコンサルティングでは、経営管理の支援を行う「EXGES(エグジェス)事業」を立ち上げました。成長意欲の高い経営者の方に、私たちを外部のブレーンにしませんか?と。やりたいことに集中して事業を大きくしたいけれど人材がいないという方への支援をすること、成長期にしっかりと伸ばしていくことに、いまは一番のやりがいを感じています。

重要視しているのは、経営フレームにはめずに一緒に走り、相手の企業さんの良さがつぶれるような考え方をしていないかどうかです。必要なら専門家にもつなぎます。中小企業診断士のネットワークから紹介してもらうこともあり、ありがたいです。

―これまでの経験は役に立っていますか?

はい。実家が米製造業、蕎麦屋を営んでいることから経営の大変さを間近で見てきて、一番正しい経営とは何か、長い間答えを探していました。当社のコンセプトは、「在庫は最小限、経費も最小限、でも売りは最大限」という考え方です。実家での想い、診断士活動で学んだ手法や知識、ゲストハウス経営によって培われた知恵が合体したもので、著名な経営者の方々からも多くの影響を受けています。

―ゲストハウス経営とコンサルティング活動の割合はどの程度でしょうか?

ゲストハウス開業当初はそちらを中心にしていましたが、現在はコンサルティング活動に力を入れています。割合としては、ゲストハウス経営:コンサルティング活動が1:9程度です。

―なぜ、コンサルティング活動に軸足を置かれているのですか?

市場を拡げるためです。地方に観光客を呼び込むには時間がかります。高野山へ来る観光客をふもとまで呼び寄せるとなると、中長期的に見なければならない。大阪市内なら何もしなくてもある程度はお客様が来ますが、地方はそこが違っています。

集客するためにはアイデアや技術、仕組みをピックアップし、人と会ってネットワークを拡げないといけない。そこで、ゲストハウス経営に専念していてはマーケットを拡げるのは難しいと感じ、コンサルティング活動の割合を増やしています。地元・和歌山も大切にしながら、情報が豊富な大阪・東京に行ってしっかりと人脈を作る、結果を出すほうを優先しています。

実業×コンサルタント

―今後の展望をお聞かせください。

地域では、観光で来てここに住みたいと感じた外国人の移住者やゲストハウスオーナーの支援ができれば良いなと。ほかには、大学と連携した研修旅行事業や外国人インターシップ受入事業。どれも長い道のりですが、少しずつ準備を進めています。

ゲストハウス経営はオーナーとしてマーケティング活動に注力し、実際の運営は地元の方にお願いする。地域外から来られたお客様から売上を獲得し、地元で雇用を生むことは、微力ながら一番の地域貢献ではないかと思っています。

―コンサルタントとしての目標は何でしょうか?

今後も実業での経験を活かしながら、コンサルタントとしてスキルの底上げをしていきます。「和歌山でゲストハウス経営もしているコンサルタントなら彼だよね!」と言われるくらいになりたいですね。

Web活用が得意ではない企業さんが多いので、経営管理とマーケティングも併せてお手伝いできれば。スタートアップ期、成長期等の異なるフェーズ、企業規模といったさまざまなフィールドで経営管理がどう関わっていくのかを追求していきたいと考えています。

―最後に、独立を希望されている中小企業診断士にひと言お願いいたします。

コンサルタント一本でやっていくのもプロの道ですが、実業でしか体得できないこともあります。独立をしたら、ご自身で事業をされてみてはいかがでしょうか。

(おわり)

【お役立ちコンテンツ】

【関連情報】

プロフィール

伊達 万祥さん

伊達 万祥(だて かずよし)
GSDコンサルティング代表、Wakayama Guest House Shidoオーナー、士道塾塾長。昭和58年和歌山県生まれ。ITベンダーやニューヨークの広告代理店で経験を積む。帰国後、自身も起業家として事業を運営しながら、経営者の外部ブレーンとして会社づくりを支援している。


【会社名】GSDコンサルティング
【所在地】〒554-0011 大阪府大阪市此花区朝日2-18-8-3F-351
【TEL】06-6940-7805
【E-mail】info@gsd-ny.com
【URL】https://www.gsd-ny.com/ https://www.guesthouseshido.com/ https://www.gsd-ny.com/shidojyuku